くらし

【和田裕美のお悩み相談】人付き合いがとても苦手です。

外資系教育会社でのフルコミッション営業で世界142カ国中第2位の成績を収めたキャリアを持つ和田裕美さんが読者の悩みに答える連載。今回は人付き合いに苦手意識のある男性からの相談です。

<お悩み>

30歳を目前とした私のリアルな相談をお聞きください…。

人付き合いが苦手すぎて今まで避けてきてしまい、困った時に頼れる人、気軽に誘える人、休みの日に会える人がほとんどいません。私は人から好かれることも嫌われることもないつまらない人間です。

原因は雑談が苦手すぎること、人を遠ざけるオーラが出ていることだと思います。

「人付き合いが苦手」と書きましたが、あきらめていることは全くなく人と接点を持ちたいという気持ちは強いのですが何をしていいかわからず、この悩みは長年に渡って私を苦しめ続けています。

(せいろ/男性/29歳。派遣社員)

和田裕美さんの回答

こんにちは、せいろさん
長年の悩み、解決しましょう!

そのためにはまず根本的な原因を
自分でしっかり理解したほうがいいです。

せいろさんご自身では
雑談が苦手、人を遠ざけるオーラがあると
おっしゃっていますが
それはなぜそうしてしまうのかを
考えたこと、ありますか?

こんな心理ないですか?

自分なんか話してもつまらないだろう
話題もないのに迷惑かけるんじゃないかな?
話が続かなかったらどうしよう?
無視されて傷つくのは嫌だな。
仲良くなっても
続かなかったらどうしよう?
めんどくさいことに巻き込まれたら嫌だな
変なことを頼まれたらやだな

などなど。

もしね、
こんな感情があるのなら
やっぱり行動を止めてしまっています。

だからまずは、
せいろさんが
今の自分のままで
受け入れてもらえる関係が
ぜったいに作れるとちゃんと信じること。
そして、人と話すことに
心底わくわくすることです。

たしかに人間関係って
めんどくさいですよ(笑)
気を使ったり
相手に合わせて
自分のしたいこと我慢したり
誤解したり嫉妬したり
傷ついたり、、、

でも、
それ以上に

癒されたり、助けられたり
笑ったり、一緒に泣いたりすることもできる

そんなすばらしいことがあります。

大事なことなので繰り返しますが
心底わくわくしてください!

さて、ここからは具体的な行動です。
わたしは
話し方の教室をやっていますが
わたし、アナウンサーさんじゃないので
整った話し方とか
教えることはできないんです。(笑)
でも、セールスの経験から
人と距離を縮めたり
好感度を上げることは得意なので
そういうことをお伝えしています。
そして、生徒さんには
せいろさんのように
人を寄せ付けないオーラがある人が
少なくないんです。

そんな人たちは
相手の顔、もしくは目を見ない
自分から声をかけない
声をかけられても、返事だけして
自分から相手に質問していない
笑顔がない、もしくは少ない
といった傾向があります。

だからこれの
真逆のことをすればいいのです。

また雑談はお天気など
いま一緒に見て共感できることなら
なんでもだいじょうぶです。

いやー今日は寒いですね〜
ほんとですね。

↑これに
わたし、〇〇出身なので
寒さに(慣れてない、ある程度平気)
なんです。
と、付け加えると

へー、〇〇ご出身なんですね
はい、▲▲さんはどちらですか?

なんていうふうに
広がっていきます。
会話を自分で終わらせない努力を
してください。

とにかく相手に興味をもって
わくわくして楽しそうにするんです。
しっかりうなずいて
聞き上手をして
相手の話が心底面白いという顔をしてくださいね。
わたしの知る限り
そういうことを治すだけで
びっくりするくらい別人になります。

これから新しい世界ですね。
せいろさんがんばって!

和田裕美

和田裕美 (わだひろみ)

作家・営業コンサルタント

京都生まれ。京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授。書籍だけでなくラジオやNHK Eテレ番組にレギュラー出演など多岐に渡り活動中。代表作に、『成約率98%の秘訣』『人生を好転させる「新・陽転思考」』等。新刊に『人の心を動かす話し方』(廣済堂出版)、『いざという時に結果を出せる本番力』(ポプラ社)など。学校などで陽転思考の体験授業も実施。公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。