くらし

【和田裕美のお悩み相談】子供が立て続けに家を出て寂しくて辛いです。

外資系教育会社でのフルコミッション営業で世界142カ国中第2位の成績を収めたキャリアを持つ和田裕美さんが読者の悩みに答える連載。今回は子供が家を出て、友達も遠くへ行ってしまい寂しさが止まらない女性からの相談です。

<お悩み>

いつも拝読しております。宜しくお願い致します。

今年初めに長男が結婚して同じ県内ですが家を出て行きました。
次男は大学を卒業して就職をし、地元の会社ですが乗り継ぎ二回で、一時間半の通勤になるので一人暮らしをすることになりました。
次男は、まだまだ家にいると思っていたのもあり、またよく話をしてくれていたので突然出ていくことになり寂しくて毎日涙が出ます。

なぜか、仲良くなった友達も転勤族が多くて、この2年で仲良くしていた四人もそれぞれ違う所に行ってしまいました。
あまりに寂しくて、初めて占いに行ってみたら、あなたは人が離れていく星のもとだと言われて余計悲しくなりました。

一人になる時間が辛いのでパートを増やそうかと考えています。
一人のためにご飯作る気もなくなり、何をしていても寂しいです。
かといって子供に依存するつもりもないのですが、どうやったらこの状況から抜け出せるのでしょうか?

(オレンジ/女性/パートをしている50歳、長男26歳既婚、次男22歳社会人、主人は単身赴任です。)

和田裕美さんの回答

オレンジさん
こんにちは〜 そっか長男さんも次男さんも……なんですね。

なんだかこれどっかで聞いたような話……と思っていたら
うちの姉とほぼ同じ境遇です!(笑)
姉も旦那さんが単身赴任、長男、次男と続けて家を出て
急に一人になったのです。

しかし姉には犬がいたんです。だから全ての愛情が
犬に注がれることになるのですが……オレンジさん、
犬や猫は飼ってないでしょうか?
里親を募集しているワンコ、ニャンコは多いですので
もし寂しかったら
「そういえば和田さんが
 犬とか猫飼ったら?と言ってたっけ」程度に思い出してください。

さて、持っていたものがなくなると
それはやはり寂しいと思います。
場合によってはパラサイトでずっと実家にいるケースもあるのだから
(これを悪いとは言いませんが)
ちゃんと自立して一人暮らしをしようとする息子さんに
感謝してみてはどうですか?ああこれっていいことなんだって。

そしてちょっと考えて欲しいのですが
いつも「子供のため」「旦那のため」が優先されて
自分は後回しになっていたことないですか?
“お母さん”をやってきた時間が長いと
自分を優先しないで生きてきたかもしれません。
そう考えるとね、その“寂しい”という感情は
一緒にいる人がいないからではなく
「誰かのため」という役割がなくなったからではないのかなと
思うのです。

だからここからはようやく
「誰かのため時代」を卒業して
「自分のため時代」に入学です!

やりたいこと探しましょう。
ほんとうに犬を飼ってもいいし
パッチワークを習ったり
ヨガに行ってもいい。
占いがお好きなら気学を習ってみるのもいい。

そして、そこに楽しさを見つけると
忙しくなってくるので
自然と「寂しさ」が消えていきます。

働くのももちろんいいです!
どうせなら介護の資格を取得して介護のお仕事するとか
これからぜったいに必要になる仕事で
「オレンジさん助けて!」と誰からも求められるようになると
もうほんとうに寂しさはもっとなくなります。

世界はもっと大きいです。
最初は寂しいけれど
あと数ヶ月したら慣れて
むしろ居心地がよくなってきますから安心してください。

しつこいですが
犬……(笑)

和田裕美(わだひろみ)●作家・営業コンサルタント。京都生まれ。京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授。書籍だけでなくラジオや会員サービス「パワースクール」など各種メディアで情報発信中。代表作に、『人に好かれる話し方』、『世界No.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』『人生を好転させる「新・陽転思考」』等。新刊に『稼げる技術』(ダイヤモンド社)、『タカラモノ』(双葉文庫)など。
 公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。