くらし

しめ縄やぽち袋など、お正月を迎えるための小物を手作りしたい人のための4つの記事。

少ない材料で作れる正月飾りや和紙を使ったおもてなしのアイデアを、挿花家の雨宮ゆかさんに教わりました。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. お正月を清らかに迎える手作りのしめ縄。

「この一年を振り返ったり、来年がいい年になるよう願いを込めて手を動かすひとときは、とても豊かです」と雨宮さん。ホームセンターなどで園芸用に販売されているので手に入りやすい稲藁で作るシンプルなしめ縄の飾りのレシピを教わります。

 ⇒詳細はこちらから

2.箸袋の作り方

お正月に使う丸箸(祝い箸、両口箸)を入れる箸袋。懐紙でささっと折って作ることができます。

⇒詳細はこちらから

3. お祝いぽち袋の作り方

白い無地のぽち袋のアレンジ方法を教わります。「松などの植物をちょっと付けると、さらにお正月らしさが出ます」と雨宮さん。

 ⇒詳細はこちらから

4.水引飾りの作り方

「たくさんの花を買わなくても、椿や松をひと枝いけて水引をあしらうだけで、素敵なお正月のしつらいになります。」と雨宮さん。水引き飾りの作り方と飾り方を教わりました。

⇒  詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。