くらし

【お祝いぽち袋の作り方】お正月を清らかに迎える手作りのお飾りと紙小物。

少ない材料で作れる正月飾りと、和紙を使ったおもてなしのアイデアを挿花家の雨宮ゆかさんに教わります。作るひと手間も楽しんで。
  • 撮影・雨宮秀也 文・黒澤 彩

ぽち袋を飾る

白い無地のぽち袋をアレンジ。飾っている松葉を一葉だけ使う。「色柄のあるぽち袋なら添える和紙を白にするなど、好きな組み合わせを楽しんで。和紙と半紙だけでもいいのですが、松などの植物をちょっと付けると、さらにお正月らしさが出ます」

お祝いぽち袋の作り方

1. 1/4に切った半紙を5mmずらして2つ折りにし、折り目を下にしてぽち袋に巻く。
2. 巻いた紙は、裏面で右側が上になるように差し込んで留める。表面に色紙を上から挟む。
3. 松葉の根元に少しだけ糊をつけて、表面の右上の位置に挟んで留める。
1. 1/4に切った半紙を5mmずらして2つ折りにし、折り目を下にしてぽち袋に巻く。
2. 巻いた紙は、裏面で右側が上になるように差し込んで留める。表面に色紙を上から挟む。
3. 松葉の根元に少しだけ糊をつけて、表面の右上の位置に挟んで留める。

雨宮ゆか(あめみや・ゆか)●挿花家。花の教室「日々花」主宰。季節の身近な草花の楽しみを提案している。著書に『花ごよみ365日』(誠文堂新光社)がある。

『クロワッサン』987号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE