くらし
更新:

モデルの山下晃和さんが手みやげに推薦!マルイチベーグルの セブングレインハニーフィグ

  • 撮影・黒川ひろみ 文・黒田 創

穀物の旨味がギュッと詰まった、知る人ぞ知る味。

マルイチベーグルの“セブングレインハニーフィグ”

ファッション、スポーツなど多岐にわたり雑誌や広告等で活躍するモデルの山下晃和さん。東京都心の移動はほぼ自転車という彼がよく立ち寄るのが、白金高輪の『マルイチベーグル』。

「以前雑誌の撮影で共演した別のモデルさんとパンの話をしていて、お店の名前が出たんです。よく自転車で通るエリアだし、一度食べてみたらおいしくて」

さまざまな種類のベーグルのなかで、特に山下さんがよく買うのがセブングレインハニーフィグだ。

「胚芽、ライ麦、キビなど7つの穀物とイチジクがギュッと詰まっていて、噛めば噛むほど味が変化する。自然な味わいでジャムやチーズをつけなくてもおいしいんです。撮影現場に手みやげに持参したり、家族や友人に買っていくことも多いですが、皆さん喜んでくれますよ。あと、ここのは1個が大きく、小食の女性なら半分でもお腹いっぱいになる腹持ちの良さも好みですね。一日に作る量が限られているので、早い時間に行かないと売り切れることが多いんです」

その味は本場ニューヨークで食べたベーグル以上、とも。また、日々トレーニングに励み、体形維持に気を使う山下さんにとって、低脂質で栄養価の高いベーグルは“パワーごはん”的存在である。

「撮影後などの会食で、とんかつ屋で脂身の少ない生姜焼きをオーダーしたりすると、周りからは“ストイックですね”と言われたりします。でも僕にとってはそれはごく自然なことで、そうすることでコンディションをキープできるほうが気持ちいいんです。4~5月の自粛期間中は時間があったので一日1万歩以上歩いたり、食生活を見直すなどして体重を4kg落としました。いまは再びジムに通い、体重をなるべく増やさずに落ちた筋肉を取り戻しているところ。自分の身体をコントロールするのが楽しいですね」

山下晃和(やました・あきかず)さん
モデル

1980年生まれ。世界中を自転車で旅した経験を持ち、ライターとしても雑誌などに多くの記事を寄稿。監修書に『Let’s ゆるポタライフ』(山と溪谷社)など。パーソナルトレーナーの資格も持つ。

マルイチベーグル●東京都港区白金1-15-22 電話番号は非公開。賚7時~15時、月曜休。変則営業中のためホームページ(www.maruichibagel.com)にて確認を。プレーンベーグルの生地に蜂蜜、全粒粉、グラハム粉、胚芽、ライ麦などを加えたセブングレインハニーフィグは310円。オンラインでは店頭受け取りのみ予約可(www.maruichibagel.com/online-shop)。店舗では各種サンドイッチなども販売。

『クロワッサン』1027号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。