くらし

ゴミが“出ない”ものを選ぶことで、家事にかける手間と時間を減らす。

自慢のゴミ縮小術について取材しました。ゴミの減量に成功した達人による、スリム化のためのアイデアも。
  • 文・知井恵理
本間朝子(ほんま・あさこ)さん●知的家事プロデューサー。時間と無駄な労力を省く「知的家事」を考案。TVや新聞等で活躍するほか『ゼロ家事』など著書多数。ブログhonma-asako.com

無駄な労力と時間を省いた「知的家事」を提唱する本間朝子さん。ゴミ回りの家事の時短化には、「手間をかけずにゴミを減らすことが大事」だそう。

「いちばん簡単なのはゴミが“出ない”商品やサービスを選ぶこと。ゴミ出しの回数が減りますし、余計なものが増えないので片づける手間も省けます」

たとえば、シャンプーやトリートメントの詰め替え用パックをそのまま使える専用ポンプは、8年前から利用。

「使い始めて以来、シャンプー類のボトルは購入していませんし、詰め替えの手間も削減できています」

芯なしトイレットペーパーは「『ゴミも交換頻度も減らせるから』と母が選んでいたので、子どもの頃からこれ」。ほかに、空になった食品パッケージをゴミ袋に活用、書類やチラシは電子化して紙ゴミを出さない、洋服レンタルサービスを利用するなどの工夫も。

「商品やサービスを賢く選べば、忙しくても手間なくゴミが減量できますよ」

パンやお菓子の空き袋を生ゴミ用のまとめ袋に利用。

空き袋を活用して、ゴミを削減。「袋の口をマスキングテープで留めれば上まで詰められますし、ジップ付き袋ならテープも不要です」

詰め替えパックをそのまま使えば、ボトルいらず。

詰め替えパックのまま使える専用ポンプを使用。「ボトルは不要。詰め替えの手間も省け、シャンプーも最後まで使えると一石三鳥」

トイレットペーパーは芯なしタイプを選ぶ。

芯なしタイプはゴミが出ないだけでなく、芯ありに比べて1ロールが長いものが多いため、交換頻度が減らせるというのもメリット。

『クロワッサン』1026号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。