くらし

生ゴミと食品トレーに目をつけて、スリム化にトライ。

自慢のゴミ縮小術について取材しました。ゴミの減量に成功した達人による、スリム化のためのアイデアも。
  • 文・知井恵理
ヤミーさん●料理研究家。世界の家庭料理が学べる料理教室「Yummy’s Co oking Studio」主宰。雑誌やTV、広告など幅広く活躍。ブログ ameblo.jp /3stepcooking/

「ゴミは少ないほうがいい」と思っていたヤミーさんがスリム化を強く意識しだしたのは、料理教室を始めてから。

「週に何レッスンも行うと45Lのゴミが2〜3袋にもなり、週2回のゴミ収集では追いつかない。それから、ゴミを増やしたくないなと」

特にかさばっていた生ゴミと食品トレーに目をつけて、スリム化にトライ。

「生ゴミは、まず紙箱に捨ててなるべく水分を切り、コンパクトにまとめるようにしました。汁漏れも臭いも減って一石二鳥です。食品トレーは、トレーを使わないお店で購入するのも手。トレーを洗ったり保管したりする手間が減りますし、かさばるゴミを家に持ち込まないことも大切だと思います」

トレーを減らすことで冷蔵庫内がよく見渡せるようになり、買いすぎや賞味期限切れも減らせたそう。

「ひとつスリム化できると他のゴミも減る方向へ循環します。まずはもっともかさばるゴミから手をつけてみては」

生ゴミは紙箱に捨てて、かさを減らし液漏れを防止。

生ゴミはまず紙箱に捨てて紙に水分を吸わせ、それを小さく丸めて袋に詰めると、ゴミのかさが減り、汁漏れや悪臭の心配も無用。

食品トレーは回収へ。持ち帰らない工夫も。

空きトレーはスーパーの回収ボックスへ。レッスンで大量に食材を使う場合は、トレーを使用しない精肉店や鮮魚店など専門店で購入。

『クロワッサン』1026号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。