くらし
更新:

モロッコのオレンジのサラダ【美才治真澄さんのヨーロッパのスパイス料理レシピ】

食品の保存性を高めたり、味わいに彩りを添えるものとして、世界中で欠かせないスパイスの力。ヨーロッパ各地で根付いた料理を食卓の新たな定番候補に!
  • 撮影・黒川ひろみ 文・大澤千穂

【モロッコ】オレンジのサラダ

シナモンパウダー
独特の香りと甘み、渋みを持つ。アップルパイなどの菓子類や、紅茶、コーヒーなどの香り付けによく使われる。肉との相性もよく、豚の角煮、鶏の煮込み、ひき肉料理などの風味付けにも。

シナモンの風味で、オレンジが洗練された一品に。

シナモンの甘い香りとピリッと感じる刺激が、オレンジの風味を引き立てるみずみずしいサラダ。オレンジのほのかな苦味とシナモンの相性のよさに驚く。「本来は“ローズウォーター”を振りかけますが、好みのお酒を少し振っても大人の味になりおいしいです」

【材料(2人分)】
オレンジ2個
グラニュー糖大さじ1/2
シナモンパウダー大さじ1/2
ミント適量

【作り方】 
1.オレンジはリンゴの皮を丸ごとむくときのように皮をむき、横に7〜8mm幅に切る。
2.器にオレンジを並べ、グラニュー糖をまんべんなく、その上からシナモンパウダーを振り、手で叩いて香りを出したミントを散らす。

辛さよりも香り重視で、素材の持ち味を引き立てます。

美才治真澄(びさいじ・ますみ)さん●フードコーディネーター。企業、メディアに向けたメニュー提案、調理、スタイリングなどで活躍中。管理栄養士として栄養相談なども行っている。

中世のヨーロッパ人を大航海へと駆り立てた理由のひとつが、スパイス。当時、手に入りにくいものも多く、今では考えられないほど貴重で高価なものだった。けれど、時代を経て各国に定着したスパイスは、今ではヨーロッパ料理には欠かせないものになっている。

「スパイスは、ヨーロッパで幅広く使われているハーブからは得られない、独特な香りや色付け、防腐作用といった役割を担うもの。味に奥行きやメリハリをつけ、風味や彩りを加えるのにも役立っています」

と、美才治真澄さん。ハーブとともに組み合わせるのも、ヨーロッパ流の使い方。

『クロワッサン』1023号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。