くらし
更新:

サバ缶とじゃがいもの黒こしょうマヨネーズ焼き【松見早枝子さんのレシピ】。

料理家・松見早枝子さんがビギナーに向けて指南(レクチャー)するスパイスの使い方。初級編! 基本のスパイス、黒こしょうで作るおかず。
  • 撮影・徳永 彩(KiKi inc.) 料理、スタイリング・松見早枝子 文・黒澤 彩

サバ缶とじゃがいもの黒こしょうマヨネーズ焼き

食べごたえ満点のボリューム感。

黒こしょうがサバの臭みを消し、マヨネーズとチーズのコクを引き立てる。

【材料(2人分)】
サバ缶(水煮)1缶
じゃがいも2個
さやいんげん4本
にんにく1かけ
マヨネーズ大さじ1
オリーブオイル大さじ1
塩小さじ1/2
黒こしょう小さじ1
シュレッドチーズひとつかみ

【作り方】
1.
じゃがいもは皮をむいて半分に切り、端から5mm幅の半月切りにして5分ほど水にさらす。さやいんげんは熱湯で1分半ほどゆでて斜め4等分に切る。にんにくは薄切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて中火にかけ、香りが出たら水気をよくきったじゃがいもを入れて蓋をし、時々かき混ぜながらやわらかくなるまで5分ほど蒸し焼きにする。
3.缶汁をよくきったサバ缶を加え、粗くほぐしながら炒め合わせる。余分な水気が飛んだら火を止め、塩、黒こしょう、マヨネーズを加えてざっと混ぜ合わせ耐熱皿に移す。
4.さやいんげんを散らして上にシュレッドチーズをかけ、よく温めたオーブントースターでこんがり焼き色がつくまで3〜5分焼く。

松見早枝子(まつみ・さえこ)さん●粮理家、ウェルネスフードスタイリスト。心身の健康によく、環境への負荷が少ない食を提案している。プライベート料理教室Tronc(トロン)主宰。美容への造詣も深く、きれいになれるレシピも発信。

『クロワッサン』1023号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。