くらし

ささっとできる辛うま箸休め3つ【三原寛子さんのレシピ】。

蒸し暑い時季がくると無性に食べたくなる、辛いもの。すっきり汗をかくと涼を感じられるし、食欲のないときにはほどよい刺激に。そんな辛うまレシピが、今夏から食卓の定番になること間違いなし! 料理家の三原寛子さんに教わります。
  • 撮影・小林キユウ

箸休めにお酒の伴に、ささっとあと一品。

粒マスタード

ほどよい辛みと酸味、ぷちぷち食感が特徴。炒め物をする際の調味料として使用すると、クセが強めの夏野菜と合わせてもよくなじんで、さっぱり仕上がる。

セロリとゴーヤのマスタード炒め

【材料(2人分)】
セロリ50g
ゴーヤ90g
にんにく1かけ
ベーコン40g
オリーブオイル大さじ1
粒マスタード小さじ2
砂糖小さじ1/2
塩小さじ1/4
すりごま小さじ2
レモン果汁小さじ1/2 

【作り方】
1.セロリは筋を取り、6mm幅に切る。ゴーヤは縦半分に切り、ワタと種をスプーンで取り、5mm幅に切る。にんにくは縦半分に切り、芯を取って薄切りにする。ベーコンは小さく切る。
2.フライパンにオリーブオイルをひき、にんにく、ベーコン、ゴーヤ、セロリを入れて炒める。火が通り、ゴーヤが少し柔らかくなってきたら、粒マスタード、砂糖、塩を入れてよく合わせる。
3.半量のすりごま、レモン果汁を加え、さっと和えて火を止める。器に盛り、残りのすりごまを散らす。

和がらし

そのおいしさはサンドイッチでも証明済みの、からしとマヨネーズの合わせ技。それをコールスローとしてアレンジ。ポテトサラダに入れてもおいしい。

キャベツとゆで卵のからしコールスロー

【材料(2人分)】
キャベツ170g
にんじん50g
卵2個
イタリアンパセリ2本
和がらし小さじ1/2
マヨネーズ大さじ2
レモン果汁小さじ1/2
塩小さじ1/3
砂糖小さじ1/4 

【作り方】
1.キャベツはざく切りにする。塩を加えて、手で揉み込むようになじませ15分ほど置く。
2.にんじんは千切りにする。卵は半熟にゆで、殻をむき、4つ切りにする。イタリアンパセリは茎の部分はみじん切りに、葉の部分は粗く刻む。
3.ボウルに、和がらし、マヨネーズ、レモン果汁、砂糖を入れてよく混ぜたら、水気を切ったキャベツ、にんじん、イタリアンパセリを加える。最後に卵を入れ、さっと和え、器に盛る。

辣油(ラーユ)

ごまの香ばしさに唐辛子の鮮烈な辛みを加えた辣油は万能調味料。夏のつまみの大定番、きゅうりの辣油和えにちくわを加えれば、旨味とボリュームがアップ!

きゅうりとちくわの辣油和え

【材料(2人分)】
きゅうり1本
ちくわ2本(120g)
みょうが1/2本
辣油小さじ2
塩小さじ1/4 

【作り方】
1.きゅうり、ちくわは乱切りに、みょうがはみじん切りにする。
2.ボウルにきゅうり、ちくわ、みょうがを入れ、辣油と塩を加えてよく和える。

三原寛子(みはら・ひろこ)さん●料理家。小岩里佳さんとの料理ユニット「南風食堂」主宰。『発酵デパートメント』『CASICA』の料理監修、レシピ提案や商品開発など幅広く活躍。

『クロワッサン』1023号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。