くらし

鶏ごぼうの黒こしょう風味炊き込みごはん【松見早枝子さんのレシピ】。

料理家・松見早枝子さんがビギナーに向けて指南(レクチャー)するスパイスの使い方。初級編! 基本のスパイス、黒こしょうで作るおかず。
  • 撮影・徳永 彩(KiKi inc.) 料理、スタイリング・松見早枝子 文・黒澤 彩

鶏ごぼうの黒こしょう風味炊き込みごはん

素材の持ち味を丸くまとめる。

鶏ごぼうの旨みと黒こしょうは相性抜群。風味豊かなので塩味は控えめでOK。

【材料(4人分)】
米2合
鶏もも肉1枚
ごぼう1本(約30cm)
塩少々
オリーブオイル大さじ1
水2カップ(いつもの2合の米を炊く分量)
A[酒大さじ1、塩小さじ1/2、しょうゆ小さじ2]
黒こしょう(ひいたもの)小さじ1
イタリアンパセリ適量

【作り方】
1.ごぼうは皮を包丁でこそげてから縦半分に切り、斜め薄切りにして水に5分ほどさらす。鶏もも肉は小さめの一口大に切って塩をふっておく。土鍋か炊飯器に洗った米とAを入れて分量の水を注ぎ、ざっとかき混ぜる。
2.フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、水けをよくきったごぼうを入れて炒める。こんがり焼き色がついたら鶏もも肉も加え、表面の色が変わったら1の米の上にのせる。
3.蓋を閉め、いつもどおりにごはんを炊く。炊き上がったら黒こしょうを加えてさっくり混ぜ、イタリアンパセリの葉を散らす。

松見早枝子(まつみ・さえこ)さん●粮理家、ウェルネスフードスタイリスト。心身の健康によく、環境への負荷が少ない食を提案している。プライベート料理教室Tronc(トロン)主宰。美容への造詣も深く、きれいになれるレシピも発信。

『クロワッサン』1023号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。