くらし

なすと常備食材でパパッとできる堤人美さんの3つのレシピ。

毎日食べたい野菜のひと皿。でも、つい同じものになりがち……。そんな悩みに、ふだん家にある食材だけでできる、アレンジ自在の手間なしレシピを料理研究家の堤 人美さんに教わります。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・矢口紀子 文・一澤ひらり

夏野菜の主役で油と相性抜群! よりコクが深くなる。

「なすは油によってとろとろの食感が引き出されます。ただ、油をよく吸うのですが、フライパンで油を充分に温めてから焼くと、吸いすぎません。油っぽくなってしまったらペーパーオフすれば、仕上がりが違います」

焼きなすにじゃこを使えば、その塩気がうまみを際立たせてくれ、ミックス豆を加えれば豆の甘みと風味がアクセントに。

「蒸しなすは皮をむいて1本ずつラップに包んで、レンジでチンすればジューシーに仕上がります。タレの味が染みこみやすく、ゆで卵と合わせると食べ応え満点です」

[+じゃこ]

カリカリじゃこの食感、常備菜にしたいおかず。

なすとじゃこのしょうが醤油炒め

【材料(作りやすい分量)】
なす4本(皮を縞目にむき幅2cmほどのくし形切りにし、水に5分さらして水気をふく)
ちりめんじゃこ大さじ2(10g)
A[しょうが1かけ(すりおろす) しょうゆ大さじ1/2 みりん小さじ1/2]
太白ごま油または米油大さじ2

【作り方】
1.
フライパンに油を中火で熱し、なすを入れ、2分半ほど転がしながら炒める。
2.1にじゃこを加えてさっと炒め、Aをからめる。

[アレンジするなら]
なすの代わりに、種を取ったきゅうりの薄切りやゴーヤーでも。

[+卵]

中華で有名なよだれ鶏のタレ。辛さと酸味がきいています。

蒸しなすと卵のよだれ鶏風

【材料(作りやすい分量)】
なす4本(皮をむいて10分ほど水にさらす)
ゆで卵2個(水から入れて沸騰後10分ゆでる)
A[豆板醤小さじ1/2 ごま油大さじ1 酢小さじ2 しょうゆ大さじ1 砂糖小さじ1 にんにく1/2かけ(すりおろす)]

【作り方】
Aを混ぜる。なすは1本ずつラップに包み、電子レンジ600Wに3〜4分かけ、粗熱を除き、3cm幅に切る。たれ、ざっくり割った卵とともに混ぜる。

[アレンジするなら]
豚のしゃぶしゃぶ肉を茹でて加えれば、ボリュームアップ。

[+ミックス豆]

バルサミコ酢としょうゆ、はちみつの合わせ技。

焼きなすと豆のハニーバルサミコ絡め

【材料(作りやすい分量)】
なす4個(縦4等分に切り、水に5分ほどさらし水気を切る)ミックスビーンズ100g にんにく1かけ(つぶす) 
A[しょうゆ大さじ1 バルサミコ酢大さじ1 赤ワインビネガー小さじ2 はちみつ大さじ1]
オリーブ油大さじ2

【作り方】
1.
フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ったら強めの中火にしてなすを並べ入れ2分ずつ焼き返し、ミックスビーンズも加えてさっと炒める。
2.Aはボウルに合わせ、1に加えて絡める。

[アレンジするなら]
豆を、粗く刻んだナッツやチーズに替えてもよく合う。

堤 人美(つつみ・ひとみ)さん●料理研究家。野菜のおいしさを生かした、手軽に作れるレシピが人気。著書に『いつも卵があるといい朝も昼も、夜も。』(グラフィック社)など多数。

『クロワッサン』1021号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。