くらし

キャベツと常備食材でパパッとできる堤人美さんの3つのレシピ。

毎日食べたい野菜のひと皿。でも、つい同じものになりがち……。そんな悩みに、ふだん家にある食材だけでできる、アレンジ自在の手間なしレシピを料理研究家の堤人美さんに教わります。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・矢口紀子 文・一澤ひらり

キャベツの濃い甘みを引き出す、塩気のある食材を。

「いまの時季、春キャベツは巻きがふんわり柔らかくて、歯触りもいいですね。くし形切りにして芯ごと焼きつけると、香ばしい焦げ目がうまみの強い味になるんです。ベーコンと一緒に焼くとジューシーな脂や塩気が葉に移っておいしさ倍増。ボリュームがあるのでメインディッシュになります」

塩昆布とも好相性。味を決めやすく、バターを加えることでコクと風味が加わり、洋風テイストに。

「キャベツをツナ缶と一緒に煮れば出汁がいりません。誰もが好きなやさしい味になりますよ」

[+ベーコン]

焼きつけた香ばしさ、食べごたえも満点。

キャベツとベーコンのソテー

キャベツは焼き目をつけたあと蒸して甘みを引き出す。

【材料(作りやすい分量)】
キャベツ1/2個(500g:くし形切り)
ベーコン4枚
塩小さじ1/4
こしょう少々
オリーブ油小さじ2
粒マスタード適宜

【作り方】
フライパンにオリーブ油を弱めの中火で熱し、キャベツを入れ、塩こしょうを振ってじっくり2分半焼く。水大さじ1を加え、蓋をして弱火でさらに2分蒸し焼きし、しんなりとしたらベーコンを加え、両面をさっと焼く。脂が出てきたらペーパーで拭く。器に盛り、好みで粒マスタードを添える。

[アレンジするなら]
輪切りの玉ねぎ、4つ割りのかぶとベーコンを合わせても。

[+ツナ]

DHAやEPAも豊富。栄養価が高いおかず。

キャベツとツナのさっと煮

【材料(作りやすい分量)】
キャベツ1/4個(250g:ざく切り)
ツナ水煮缶1缶(70g:缶汁ごと加える)
A[水1カップ 酒大さじ1 しょうゆ小さじ2 みりん小さじ1]

【作り方】
鍋にAを沸かし、煮立ったらツナ、キャベツを加えふたをし、中火で4〜5分煮る。

[アレンジするなら]
キャベツをレタスに替えると、煮る時間も少なく、時短に。

[+塩昆布]

バターの風味と塩昆布のうまみが相乗効果に。

キャベツのバター塩昆布蒸し

【材料(作りやすい分量)】
キャベツ約4〜5枚(250g:太めに切る)
塩昆布小さじ1(5g:刻む)
酒・バター各大さじ1
しょうゆ小さじ2
塩・こしょう各少々

【作り方】
耐熱容器にキャベツを入れ、酒を振る。塩昆布とバターを散らしてしょうゆを回しかける。ふんわりとラップをし、600Wの電子レンジで2分半加熱する。さっくり混ぜ、塩こしょうで味を調えて器に盛る。

[アレンジするなら]
キャベツの代わりに、レンジで蒸した薄切りのレンコンでも。

堤 人美(つつみ・ひとみ)さん●料理研究家。野菜のおいしさを生かした、手軽に作れるレシピが人気。著書に『いつも卵があるといい朝も昼も、夜も。』(グラフィック社)など多数。

『クロワッサン』1021号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。