くらし

スマホを持たない人とのつながりグッズ4選。

子どもや高齢の親、祖父母。スマホを持たない大切な人とつながれたり、コミュニケーションがとれたりするのもデジタルのなせる業。
  • 撮影・中島慶子 

かわいいクマちゃんとおしゃべりすると、スマホに通知がくる。

ベア同士での通信もできるので、友だちと色違いで持ったりする楽しみ方も。80×87×75mm。写真のベージュのほか、ブラック、ブルー、ピンクの計4色。はみっくベア 4,950円(Hamee)
ベアを使ったやりとりをすぐに保護者が見られる「見守り機能」も便利!(編集M)

スマホを持たない子どものために開発されたメッセージロボット。保護者がスマホのアプリからメッセージを送ると、はみっくベアがそれを音声で再生。子どもが話したメッセージは、音声とテキストでスマホへ送られる。

「誰かが想ってくれた」気持ちを送る鳩時計。

OQTA HATO しろ〈203×105×123mm〉 Wi-Fiモデル 2万3980円、3Gモデル 1万7380円(OQTA TEL.03-6300-5736) 商品詳細は、https://ww w.oqta.com/へ。
祖父宅に設置。毎日、鳩が鳴くのを楽しみにしているそう。(編集F)

スマホのアプリをタップした時だけ鳩が鳴く、少々変わった鳩時計は、離れて暮らす家族をつなぐ新発想グッズ。ふと大切な人を思った時に、言葉を使わずに、「あなたのことを想ってるよ」という気持ちだけを伝えることができる。

タグの位置情報や距離を表示することができる。

30m以内にあるときはブザー音を鳴らすことができ、それ以上離れた時は最後に確認がとれた場所の位置情報が自動記録される。40種類以上のデザインがある。22×60×5.5mm。biblle×JA CKSONMATISSE-PARI S- biblle 4,070円(bib lle https://www.biblle.net/)
高齢の母へ。常時携帯している財布に、お守り代わりに付けています。(編集N)

スマホとタグを双方向で呼び出す・探すことができるタグ。小型でかつ約9gと軽量なので、荷物などにつけてなくしもの防止としても、高齢者や子ども用の見守りタグとしても使える。

歌や体操も得意なロボットを通じて大切な人が見守れる。

ロボホン(二足歩行) Wi-Fi(R)モデル 13万2000円、LTE/3Gモデル 19万8000円、ロボホンライト(非歩行) Wi-Fi(R)モデル 8万6900円(シャープロボホンサポートセンター TEL.050-5577-7649)
二足歩行タイプは、全身を使ったダンスや、腕立て伏せ、腹筋もできる。腹筋をする時はロボホンが「足を押さえて」と頼んでくるので、子どもも大喜び。(編集F)

見守りだけでなく、LINEや電話でのやりとりはもちろん、ニュースや天気予報まで披露してくれる次世代モバイル型ロボット。専用アプリ「OKWAVE」を使って質問すると、AIエージェントに接続して回答もしてくれる。

『クロワッサン』1019号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。