くらし

インスタで83万人以上がフォロー、bonponさんのデジタル生活とその歴史。

  • 撮影・黒川ひろみ

新しいアプリを積極的に取り入れ、暮らしがどんどん便利に。

p お店のポイントカードなんかはアプリに移行しているし、モバイルSuicaやpay関連も利用しています。私、現金持たない派なんです。

b ただ、payだと500円玉貯金が増えないので、私が現金担当。

p お金といえば、家計簿アプリも入れてるし、メルカリやヤフオクも使ってます。お洋服を安く手に入れられて助かりますね。銀行口座やクレジットカードと紐づけたり、最初の設定こそ、ちょっと面倒ですけど、でも、やーめた、とはならない。便利そうだから、頑張って設定しようって思う。

b あと、すぐに調べるよね。

p そうね、何か必要なものがあるときは検索。ほかにも似たものがあって、値段も店によって違うとわかるから。

b 電化製品を買うときは価格.comで調べたりね。ユニクロなら欲しい色がどの店舗にあるか調べるし、映画も座席予約して行くようにしています。

p とにかくデジタルは便利ですね。

b ponは頭が柔らかいなって思うんですよ。え、そんなことまでやっちゃう?と驚かされる。でも、インスタもそうだけど、やってみたら、けっこうおもしろい。私も新しいこと、やってみたい気持ちがあるんですよね。

p そう感じてくれる人でよかったなあって思います。bonはそういう意味でノリがいいのよね。

b こんなにも反響があるとわかっていたらもっと躊躇してたかな(笑)。でも、うれしいんです。退職してすぐ、知り合いがいない仙台に越してきたから、夫婦二人で引きこもってしまってもおかしくないのに、いろんな人に声をかけてもらえる。今まで忙しく仕事をしていたから、二人の時間がとれるだけでも幸せだと思っていたのに、それ以上の幸せに恵まれて。

デジタルのおかげでセカンドライフがより充実。

p つながりができた気がしてね、ありがたいです。ほんと、元気でいなきゃって思いますね。どっちかが病気でもしたらできなくなることだから。

b でも、無理はしてないんですよ。更新頻度もあんまり気にしてないし。

p 義務だと続かないわよね。もともと夫婦のお出かけと服装の記録として始めたものなので、今後も楽しみながら無理せず続けていきたいです。

インスタグラムにUP!
笑っていない、スカートのシルエットがおかしい、というときは撮り直して、一番いいものをアップ。「どこか出かけたら、撮るかー、ってなりますね」(b)

夫婦で海外へ出かける機会が急増。

その土地の良さを広めてほしい、と政府や自治体から旅の誘いを受けることも。「インスタなら日本の人にもその国の人にも見てもらえるから、交流のお役に立てる。私たちがやる意味があるのかな、と思っています」(b)。昨年の旅のスナップは、韓国、ロシア、南仏のオクシタニ地方にて。

『クロワッサン』1019号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。