くらし

もう試してみた? 作り手と食べ手を賢くつなぐ、フードシェアリング。

“もったいない”を合言葉に、食品ロス削減のさまざまな試みが広まりつつある今、“無駄なくおいしくお得”な情報を集めました。
  • 撮影・黒川ひろみ

最近徐々に浸透しつつある、「フードシェアリング」という単語。簡単にいうと、余って困った食品を抱える飲食店や小売業者と、おいしものをよりお得に手にしたい消費者を結ぶサービスである。

始まりは’16年、余った食品が廃棄される前に消費者とつなげるマッチングサービスを、デンマークで学生らが立ち上げた。アプリを通して、廃棄されそうになっている食品を消費者がチェック、それを閉店前にお得な価格で購入できるという仕組みだ。今やヨーロッパ11カ国が参加し、750万人のユーザーを抱える規模に。日本でも同様のサービスや、定額料金でお得に店舗で食事ができるサブスクリプション型も広まりつつある。

一方、賞味期限が近い、形がよくないといった規格外品を扱うネット通販も。お得な価格設定に加え、購入額の一部が社会活動団体や発展途上国へ自動的に寄付されるようになっているものが多い。買うだけで社会貢献にも自然と参加できてしまうのだ。

いずれ、消費者にとってはお得に、そして手軽に食品ロス削減の対策になる、賢くもおいしいサービス。利用してみない手はない!

スマホでさっと検索しておいしい一品をゲット。

FOOD PASSPORT

外食派にオススメ。おまかせメニューを 定額でお得に食べる。

定期購入で月額980円を支払うと、ワンドリンクオーダーで、おまかせメニューを一日1回、月10回まで食べられる。食べたい料理、行きたい店舗は写真やMAPから検索を。現在は、近畿2府4県&関東1都3県の店舗が中心となり、約1180店舗が加盟。

TABETE

近場で出たら即予約、余ってしまった品を 手頃に単品購入。

総菜、パン、菓子ほか飲食店で余った食事を、お得な価格でテイクアウトできる。ランチタイムの終わり、商品の入れ替えや閉店時間の前などに、商品内容をサイトに掲載。単品購入のサービスで、東京を中心に、神奈川、石川など約450店舗が加盟。
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。