くらし

冷蔵庫のドアポケットをもっと機能的に。

正しい場所で適切に保存すれば、食材は長持ちし廃棄も減少。そのノウハウを読者の自宅を例に料理研究家の島本美由紀さんに教えてもらいました。
  • 撮影・青木和義 イラストレーション・山口正児 文・矢吹紘子

デッドスペースが生じていたドアポケットは、棚の高さを調整。調味料や食品同士が重ならず、全てが一目で見えるように。

2段目の左右の棚を1段ずつ下げて収納力アップ。上段との物の重なりを防ぐことで格段に見えやすくなった。

Before

After

★工夫ポイント

(1)ドアポケットは温度変化があるのでバターは温度変化の少ない冷蔵室へ。使う分だけカットして保存容器に入れ、残りは冷凍しておけば風味も落ちない。空いたスペースに高さの同じスパイス類を並べて見やすさアップ。

(2)上段にかぶっていた2段目のチューブ調味料やスパイスも、棚を1段下げるだけですっと取り出しやすい。

(3)スペースを上手く使えていない3段目は瓶系調味料の定位置に。すぐ消費する紙パック類もこちらへ。お米は野菜室へ移してスペースを確保。

島本美由紀(しまもと・みゆき)さん●料理研究家。冷蔵庫収納や食品保存、食品ロス削減アドバイザーとしてテレビや雑誌などで活躍。近著は『食品収納の神ワザテクニック』。

『クロワッサン』1014号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。