くらし

窓掃除を楽にするモノとアイデア。

暮らし上手な人で掃除上級者の4人が確実にきれいになる!と太鼓判を押す、愛用グッズと実践テクを教えてくれました。
  • 撮影・黒川ひろみ イラストレーション・山口正児 文・薄葉亜希子

[窓]水切りワイパーやサッシ用ブラシなど、専用アイテムなら楽々!

「雨がやんですぐに掃除をすると手間いらず。」(編集部)

ベランダや窓の掃除は「雨のあと、下が濡れているうちにデッキブラシでこすって水で流します」(松田さん)、「小雨のタイミングで窓やベランダをこすり洗いしておくと、その後雨が強まるときれいに落ちます」(マキさん)。

「大雨のあと、これで水気を切れば窓掃除が完了!」(小西さん)

QQQ2 スリムスキージー
水気をしっかり切ってカビを予防する水切りワイパーは窓掃除にも応用できる。窓にぴったりとフィットして持ちやすく、収納するのもバーに掛けたり、吊り下げたりと、とてもスマート。「窓の掃除は、雨が降ったあとの水気を利用して。この水切りワイパーは手軽に使えて見た目もよし」と愛用中。

800円(オーエ TEL.073-482-3461)

「面倒なサッシ掃除も専用ブラシなら簡単にすっきり!」(石阪さん)

みぞスッキリサッシブラシ
「サッシの細かいゴミもしっかりかき出せます。これでブラシしてから掃除機をかけ、マイクロファイバークロスで拭いてサッシ掃除は終了。隅々がきれいになると気持ちいいですよね」と、専用ブラシならではのかき出し力が好評。反対側のヘラを使えば、サッシにこびりついた汚れも簡単に取れる。

480円(マーナ)

教えてくれた人

松田美智子(まつだ・みちこ)さん●料理研究家、テーブルコーディネーター。惣菜からおもてなし料理まで、和洋中のジャンルを超えたレシピに定評が。テーブルウェアの開発など多岐に活躍。

マキ(まき)さん●シンプルライフ研究家。広告代理店で働くかたわら、不要なものを持たない暮らしぶりを綴ったブログ「エコナセイカツ」を主宰、話題を呼んでいる。

小西紗代(こにし・さよ)さん●整理収納アドバイザー。整理収納に加え、風水やデジタルを取り入れた開運収納術による上質な暮らしを提案。雑誌やテレビなど幅広く活躍。

石阪京子(いしざか・きょうこ)さん●片づけアドバイザー。片づく思考と仕組み作りから始めるレッスンが評判。近著に『人生が輝く!家事の「しないこと」リスト』(講談社)。

『クロワッサン』1011号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。