くらし

瀬尾幸子さんに教わる「さば」のレシピ。

価格が手頃でDHAなどの栄養価も高い、青魚。ささっと作れて応用が利く便利なレシピを、瀬尾幸子さんに教わります。
  • 撮影・黒澤義教 スタイリング・荻野玲子 文・新田草子 撮影協力・UTUWA

さばのから揚げ

小麦粉でクリスピーに。みんなが大好きな味。

塩分に長く漬けておくと水分が抜けてパサついてしまうので、さばに下味を絡めておく時間は5分程度に。

【材料(2人分)】
さば(三枚おろし)半身、漬け汁[しょうが(すりおろし)小さじ2、しょうゆ大さじ1と1/2、酒大さじ1]、小麦粉・揚げ油・すだち各適量

【作り方】
1.さばは、気になる場合は小骨を骨抜きで除き、約2.5cm角に切る。漬け汁の材料をボウルに混ぜ合わせ、さばを入れて絡め、5分ほどおく。
2.1の汁気を軽く切り、小麦粉をまぶす。
3.2を180度の油でカリッとするまで揚げ、油をよく切る。皿に盛ってすだちを添える。

さばと彩り野菜のたれ焼き

風味豊かな手作り万能たれが、味の決め手。

さばに小麦粉を振って焼くことでたれがしっかりと絡み、身もぷりぷりに。万能たれは焼き肉に使ってもおいしい。

【材料(2人分)】
さば(三枚おろし)半身、自家製万能たれ(下記参照)大さじ3、パプリカ・ししとう・小麦粉・サラダ油各適量

【作り方】 
1.さばは1cm幅に切り、小麦粉をまぶす。パプリカは縦に細切りにし、ししとうはなり口を取る。
2.フライパンを中火で熱しサラダ油少々をひき、パプリカとししとうを焼く。火が通ったら取り出す。
3.2のフライパンにサラダ油少々を足し、さばを並べて、強火でさっと両面を焼く。
4.万能たれを加えて煮立て、さばに絡める。2の野菜とともに皿に盛る。

自家製万能たれ

【材料(作りやすい分量)】
梨(なければりんご)1個、しょうが40g、にんにく2かけ、しょうゆ180ml、砂糖大さじ6、酒大さじ4

【作り方】
梨の皮をむいて芯を除き、すべての材料をミキサーに入れて攪拌する。ミキサーがない場合はすべてすりおろして混ぜ合わせる。冷蔵庫で2カ月保存できる。

瀬尾幸子(せお・ゆきこ)さん●料理家。「家庭料理は頑張りすぎない」がモットー。下ごしらえのコツをまとめた著書『賢い冷蔵庫』(NHK出版)が好評発売中。

『クロワッサン』1009号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。