更新:

【1月1日〜14日・二黒土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月前半の運気の流れ】2021年がスタートしました。九星気学では、1年の切り替わりは2月の立春から。まあ西洋占星術でも星の動きベースで運気が切り替わるので、年が改まったからといって運気がどうこうなるというものではないのですけれども、真っ白なカレンダーや手帳を目にするとやっぱり、気持ちが引き締まるものです。それこそが、私たちが予測のつかない日々を生きるために大切な「心の切り替え」というものではないかと思います。さて2021年に限っては、2月からの1年を1月のうちから先取りするような傾向が強まってきます。つまり2020年全体を覆っていた「七赤金星」のムードは次第に薄くなっていき、次の「六白金星」のムードが濃くなってくる、ということになります。世の中的には政府主導のお金の動きに注目が集まり、フワフワした気分は薄めに。また、差別やハラスメントといったものには厳正な視線が向けられます。個人の動きとしては「本物の努力」に目が向く時期となるだろうと思います。生活にルールを課し力を蓄える時期と思って、コツコツと物事を進めていくことが大事です。
  • 文・真木あかり

二黒土星

総合運

ここまでの努力がやっと芽を出す時期。昨年は試行錯誤が続いていた人も、間違いや失敗にもそれなりに意味があったのだ、ということがわかってくるでしょう。希望の方に目を向けていくことができるようになるはずです。エジソンは「困るということは新しい世界を発見する扉」と述べたそうですが、まさにそんな思いを実感するのかもしれません。とはいえまだ芽は出たばかり、雨風や乾燥には弱いのです。努力という栄養は変わらずに与え続けながら、1年のスタートを切りたいところです。

対人運

人をサポートすることにいい風が吹くときです。特に仕事で後輩やメンバーを抱えている場合、その人たちの成長を上手に促すことができるでしょう。パートナーや子どもに対しても「応援しているよ」「手伝うから、やってみたら?」と、背中を押してあげる言葉には、あなたが思っている以上の力があるはず。そうしたサポートをする過程での学びは、あなた自身の考える力、人と接する力にも大きく関わってくるでしょう。

金運

投機をはじめ、リスクのある出費は見送りにしたほうがよさそう。ただ、お買い物に関しては、じっくり考えた上での選択なら満足できるものになるはずです。なかでも不動産は良い物件に出合えそう。費用と物件が見合っていると思うなら、前向きに話を進めてみるといいでしょう。金運アップを願うなら根菜多めの食事がプラスに。ほか、散歩やジョギングを継続するとじわじわと上向きになってくるでしょう。

吉方位

1日:西、北東 2日:南、西、北西 3日:南、北東 4日:南西、北、北東 5日:東、南、北 6日:東 7日:南東、南西 8日:東、南東 9日:南東 10日:西、北東 11日:南、西、北西 12日:南 13日:南、南西、北、北東 14日:東、南、北

二黒土星の基本性格
ふかふかに耕されてみずみずしい生命を育む畑のように、おおらかな心と人のために尽くす愛情にあふれた人です。温和で物腰が柔らかく、誰に対してもきめ細やかに気配りをするので、あなたのまわりの人はきっと大きな癒やしや安心感を得ていることでしょう。ただ、穏やかなだけで終わる人でもありません。ブレない自信を持ち、完璧主義でもあるので、やると言ったことは火が降っても槍が降っても成し遂げようとするでしょう。持ち前の粘り強さ、勤勉さで、時間はかかっても確実に前に進むため、周囲の人が驚くような偉業を打ち立てたりもするのです。ちなみに「貯め込む」のが得意であり好きなので、家のなかのお菓子がやたら充実していたり、「いつか使うかも」と思って取っておいたショップバッグや箱、紐といったものがクローゼットに山積みになっていたり、などという思いがけない一面も。でも、お金や努力も「貯める」ことができるので、きっと得をすることも多いだろうと思います。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。