からだ

さらっと着るだけで大人の着映えが実現、“華ありトップス”。

夏は気兼ねなく着られる服が必要。安価でも妥協したくないから、大人が溌剌と楽しめるコスパブランドをスタイリストの大沼こずえさんに教わりました。
  • 撮影・相沢千冬(biswa) スタイリング・大沼こずえ(eleven.)

「大人を華やかに見せるにはトップスの影響力が大。ここに少しだけ投資することはコスパに叶った方法です」(スタイリスト・大沼こずえ)

凝った縫製や生地の高級感など、着た瞬間に違いを感じる。さりげなく人と差が付くトップスが揃うブランド3選。

Phil O.(フィル オー)

上質な普段着をまとう贅沢。

[脇の縫い目がなく心地よさは抜群。アームホールにはイオン消臭糸使用!]
ハイゲージ仕立てで透け感を軽減。シルクのしっとりした風合いも魅力。白と黒のTシャツ(コットン×シルク)各1万円。厚地のシームレスリブタイプ。UネックTシャツ・VネックTシャツ(コットン100%)各9,000円(以上フィル オー/エストネーション TEL.0120-503-971)

SACRA(サクラ)

成熟した女性らしさを楽しめる。

[絶妙の色出しで上半身が華やかに。]
ギャザーたっぷりのワンピース1万9000円。重量感とツヤのあるTシャツ(コットン100%)各1万3000円(以上サクラ/インターリブ TEL.03-6416-1861) 

ENFÖLD(エンフォルド)

着ればわかる“攻め”デザイン。

[オンでもオフでも一枚で様になる。]
バルーン袖ブラックブラウス2万4000円。ポリウレタン入りでキリッとした生地感のホワイトブラウス2万3000円(共にエンフォルド TTEL.03-6730-9191)

大人にとってコスパが良い服の条件とは? 教えてくれるのはスタイリストの大沼こずえさん。リアリティと高揚感が、好バランスで両立するスタイリングは、本誌読者にも人気が高い。

「手ごろな価格でも“高見え”する服はあります。まず縫製や生地感がチープ過ぎないことは大人として重視したい。洗濯などに耐えうる最低限の品質は必須です。さらに毎日着られるシンプルなデザインを前提に、いいさじ加減でトレンドが足されている、などでしょうか。セレクトショップが力を入れているオリジナル商品も、コスパの良さという意味では見逃せません」

今回は大人が今買いたい服が揃うブランドを、特長別にチョイス。夏のワードローブ計画の一助に。

大沼こずえ(おおぬま・こずえ)●スタイリスト。雑誌やCMなどで活躍。大人が心地よくいられて、さりげなく華やかに見えるスタイリングに定評が。夢があるリアルクローズを、日々実現する。

『クロワッサン』996号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。