からだ

【柔軟性UPメニュー】今すぐ始めよう 調子のいい身体を作るトレーニング。

  • 撮影・青木和義 スタイリング・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) 文・新田草子

太ももの前面のストレッチ

太ももの裏の筋肉とセットで働く筋肉群。ここが硬いと歩幅が狭まってつまずきの原因や、膝痛の一因にも。立つ・座る、いずれかの行いやすい方法で。

片方の膝を立てて座り、立てたほうの足首を同じ側の手で持って後ろへと引っ張ります。もう片方の手で支えながら、上体を反対側へとひねります。息を吐きながら20 ~30秒キープし、反対側も同様に。

【動画】太ももの前面のストレッチ

太ももの前面のストレッチ(壁を使ったバージョン)

立って行うバージョン。壁に手をついて立ち、片方の手で同じ側の足を持って、かかとをお尻へと近づけるように引っ張ります。息を吐きながら20〜30秒キープ。
続いて角度を変えてさまざまな方向に引っ張り、まんべんなく刺激します。外に向かって引っ張ると、内ももにかけてのストレッチが可能に。20〜30秒続けましょう。
手を持ち替えて、今度は内側へと引っ張ります。ももの外側の筋肉にも働きかけるストレッチ、20〜30秒を目安に行います。反対側の脚も同じように。

〔やってみました!〕
立って行うストレッチを寝る前の習慣に。悩みだった膝の痛みが軽減したような?(ライターN)

【動画】太ももの前面のストレッチ(壁を使ったバージョン)

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。