比嘉一雄さんに教わる腰の動的ストレッチ | からだにいいこと | クロワッサン オンライン
からだ

比嘉一雄さんに教わる腰の動的ストレッチ

筋肉を使いながら伸ばす動的ストレッチで、軽やかな身体に。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・白男川清美 ヘア&メイク・武田尚子(メランジ) モデル・東 麻美 イラストレーション・川野郁代 文・板倉ミキコ

【腰】首の頚椎から骨盤にかけて縦に走る、 脊柱起立筋を伸ばしながら上体を矯正。

 

脊柱起立筋

腰の動きのポイントとなる筋肉は、背骨に沿う脊柱起立筋。
「この筋肉が硬くなると、背中から腰の筋肉が緊張し続けて腰痛の原因となるし、骨盤のズレも生みます」
ただ、長い筋肉なので一気に伸ばすことが難しい筋肉でもある。
「転がりながら自重をかけていくことで、大小様々な筋肉が連なる筋肉を全体的に伸ばせます」

(1)膝を両腕で抱え、背中を丸めてできるだけ上体と膝を近づける。目線は膝に向けておき、後方に向けてゆっくり転がる。
(2)背中の上部までしっかり床に着くまで転がったら、転がる反動を使って起き上がり、そのまま再び後ろに転がる。10回。
背中を伸ばしたまま転がろうとするのは危険。筋肉が伸びないだけでなく、頭を打つ可能性も。慣れるまではゆっくり転がってみよう。
(1)膝を両腕で抱え、背中を丸めてできるだけ上体と膝を近づける。目線は膝に向けておき、後方に向けてゆっくり転がる。
(2)背中の上部までしっかり床に着くまで転がったら、転がる反動を使って起き上がり、そのまま再び後ろに転がる。10回。
背中を伸ばしたまま転がろうとするのは危険。筋肉が伸びないだけでなく、頭を打つ可能性も。慣れるまではゆっくり転がってみよう。

【動画】動的ストレッチ【腰・脊柱起立筋】

比嘉一雄(ひが・かずお)●パーソナルトレーナー。「CALADA LAB.」代表。科学的エビデンスを基にメソッドを考案。著書に『驚くほど伸びる動的ストレッチ』(池田書店)が。

『クロワッサン』967号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE