中野ジェームス修一さんに教わる基本の内転筋群のストレッチ | からだにいいこと | クロワッサン オンライン
からだ

中野ジェームス修一さんに教わる基本の内転筋群のストレッチ

正しい姿勢と軽快な歩行に役立つ、股関節まわりのストレッチ。
  • 撮影・青木和義 ヘア&メイク・Nagisa(W) スタイリング・武政 モデル・くらさわかずえ 文・石飛カノ イラストレーション・川野郁代

内転筋群(ないてんきんぐん)

内ももの筋肉群は椅子を使って効率よく伸ばす。

骨盤から太ももの内側にある筋肉群。脚を閉じたり、腰を回転させるときに使われる。O脚の場合はこの筋肉群の力が弱く、X脚の場合は逆に負担がかかりやすい。女性は比較的硬くなりにくい部位とはいうものの、チェックで難ありの人は入念にストレッチを。

(1)椅子に浅く腰かける。骨盤を立てて背すじをまっすぐ伸ばし、両手は太ももの上に軽く添える。
(2)片方の足を1歩外側に出して、つま先を斜め外側に向ける。反対側の脚は外側に開いて伸ばし、つま先を上げる。
(3)膝を曲げた側の太ももの上に両手を重ねて上体をひねり、息を吐きながら前に倒して内ももを意識しつつキープ。逆側も。
(1)椅子に浅く腰かける。骨盤を立てて背すじをまっすぐ伸ばし、両手は太ももの上に軽く添える。
(2)片方の足を1歩外側に出して、つま先を斜め外側に向ける。反対側の脚は外側に開いて伸ばし、つま先を上げる。
(3)膝を曲げた側の太ももの上に両手を重ねて上体をひねり、息を吐きながら前に倒して内ももを意識しつつキープ。逆側も。
上体をひねって前傾したとき、伸ばしている脚側のつま先が内側に入ってしまう悪い例。
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE