からだ

【ふくらはぎ・足首編】つらい時に効果を感じる、症状別ストレッチ。

  • 撮影・清水朝子 モデル・SAORI

【足首のこわばり】足指と足首に柔軟性を取り戻し、しっかり動ける土台を作る。

つっかけサンダルを履いているように足を引きずって歩く人や、何もないところでつまずく人は、足首が硬くて使えていない可能性が。ひざや股関節の動きも同調して鈍くなるので、老けて見える歩き方になっているかも。足は股関節以上に全身を支える土台なので、足指と足首をしっかり動かせる状態に改善する。コツは、大きくゆっくり動かすこと。足首回しを片側合計30回ほど行うと変化を感じられるように。

1. 椅子、もしくは床に座り、片方の足を反対側のももに乗せた姿勢で。
2. まず、足指だけを曲げたり伸ばしたりする。
3. 次に、足首を曲げたり伸ばしたりする。
4. 手のひらで爪先あたりを包み持つようにして足首を回し、逆方向にも回す。反対の足も1~4を同様に行う。
1. 椅子、もしくは床に座り、片方の足を反対側のももに乗せた姿勢で。
2. まず、足指だけを曲げたり伸ばしたりする。
3. 次に、足首を曲げたり伸ばしたりする。
4. 手のひらで爪先あたりを包み持つようにして足首を回し、逆方向にも回す。反対の足も1~4を同様に行う。
[NG]足の指を手の指にからませると、足指を反らす動きだけになってしまい、足首を回せていない場合が多い。

小笠原恭子(おがさわら・きょうこ)●整体師、ダンス・ストレッチ講師。女性専用の整体院『整体や 三日月』で女性ならではの不調にマンツーマンで対応。20年以上のダンスインストラクター歴をもとに、柔軟性のある動ける身体を作る。

『クロワッサン』967号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。