【体重よりもサイズダウン!】二の腕とお腹のダイエットを大西結花さんが実践!【後編】 | ダイエット | クロワッサン オンライン
からだ

【体重よりもサイズダウン!】二の腕とお腹のダイエットを大西結花さんが実践!【後編】

体重よりもサイズダウンに狙いを定め、気になる部分の引き締めを誓う大西さん。フィジカルトレーナーの池田佐和子さんのアドバイスで、体の歪みを取るストレッチを続けてみたところ、スタートから11日で早くも成果が!
  • 撮影・青木和義 スタイリング・佐野友美 ヘア&メイク・ 福間友香(ヴァニテ)、モデル・くらさわかずえ 監修指導・ 池田佐和子 文・石飛カノ

股関節をしっかり動かし、可動域を広げる。

床に両手両膝をつき、爪先を床に立て る。背中をまっすぐにして片方の膝を 90度の角度に保って真横に引き上げる。
脚を高く上げようとするのではなく、 背中をまっすぐ保ち股関節をしっかり 動かすことを意識。左右各10~15回。

腕の付け根の深層筋を伸ばし、 猫背姿勢を解消する。

壁の角に立ち、両足を前後に開く。壁 に近いほうの手を壁の縁につける。そ のまま上半身と顔を壁から遠ざけるよ うにして捻る。気持ちのいいところで 30秒キープ。逆側も。

固まったお尻の横の筋肉を しっかりと伸ばす。

床に仰向けになり、両膝を曲げて片方 の足を反対側の内ももに乗せる。この とき、組んだほうの膝はやや内側に入 れる。そのまま、下側の太ももを同じ 側の手で手前に引っ張り、組んだ脚の 膝を同じ側の手でぐーっと押す。30秒。 逆も。

肩甲骨まわりの細かい筋肉をすみずみまでストレッチ。

両足を肩幅に開いて立つ。片方の手の 甲を腰に当てて肘を張る。反対側の手 で肘を持ち、手前にぐーっと引っ張る。
30秒キープしたら逆側も。手が肘に届 かないときは、前腕に手をひっかけて 引っ張ってもよし。

最後は代謝アップのための 体幹エクササイズ。

床に横向きに寝る。下側の手はまっす ぐ頭上に伸ばし、上側の肘を立てて手 を耳の後ろに。
両脚をしっかり揃えて 同時に上げる。このとき、お尻が突き 出たり反ったりしないように注意。30 秒キープしたら逆側も。

二の腕サイズ減、ウエストサイズ減、本人も納得のダイエット成果!

わずか11日間の実践で、驚くほどの結果が出た。ご覧のように、二の腕、ヒップのサイズは減。ウエストに至ってはなんと、マイナス4㎝で、見た目からしてスッキリ!

「横から見ると、肩の位置が後ろに下がって姿勢も美しくなりました。骨盤も前傾が改善されたのでヒップラインが上がっています」(池田さん)

見た目の変化はさることながら、大西さん自身が一番驚いたのは、

「肩甲骨のストレッチで反対側の腕が、肘を張っているほうの前腕に届くようになったんです! 最初は触れもしなかったのに。4、5日目で届くようになってきて、これにはびっくり」

股関節の動きも改善。お尻のストレッチで両脚を組むのがやっとだったのが、だんだんスムーズに足を膝にかけられるように。

「以前は歩いているとき、股関節がカクンと傾くことがあったんですけど、それもなくなりました。筋肉が両方ちゃんと使えるということは、すごく大事なんだと分かりました」

タンパク質食品を毎食取り入れることとお茶の代わりに水を飲むようにしてからは、

「夜のむくみが少し軽減されてきたような気がします」

11日目にしてこの成果!

「でも本当に体が変わってくるのはこれから。運動も食事も続けます!」

サイズだけでなく姿勢にも変化が。

after
before
after
before

無理せず楽に続けられました。今後の変化が楽しみです!

『クロワッサン』952号より

●大西結花さん タレント/バラエティなどで活動するほか、温泉ソムリエの資格を生かし『女性温泉ソムリエが薦める日本の名湯』(双葉社)で湯めぐりも。

●池田佐和子さん フィジカルトレーナー/健康運動指導士の資格をもつ女性パーソナルトレーナーの第一人者。著書、DVD多数。イベントや講演会などでも幅広く活動。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE