上半身のコリほぐし カラダがかたくてもOK! タオルで簡単ストレッチ。 | ダイエット | クロワッサン オンライン
からだ

上半身のコリほぐし カラダがかたくてもOK! タオルで簡単ストレッチ。

【楽チンからだ作り】vol.6

上半身をすっきり伸ばす基本の3ストレッチ。

身近にあるタオルを使って簡単にできる、安心で安全な初心者向けストレッチを紹介します。

関節の動きが悪く、手が届かない、回りにくいなど、正しい姿勢を取るのが難しいときに、タオルが補助の役割をしてくれるので、体が硬い人でも大丈夫。

動きは反動をつけないよう、ゆっくり時間をかけてできる限り大きく、タオルを引っ張らないようにしてたるませずに行うのがコツです。

 

腰、背中、腕の筋肉を伸ばし、姿勢を正す「背伸び」
CR00445
1. 両手を肩幅程度に開きタオルを握る。腰への負担を減らすため、膝の力は抜いておく。足の爪先は正面に。

CR00448
2. 少しずつ息を吐きながら、腕をゆっくり頭上に。腰に痛みがなければ、膝を徐々に伸ばす。伸ばすときに息を吐くこと。これを朝晩10回ずつ繰り返す。

 

肩こりを楽にする「肩のばし」で、肩甲骨のまわりの筋肉を伸ばす

CR00466
1. 両肘を90°にした幅を限度に幅を調節しタオルを持ち、頭の上に。この時、肘、膝の力を少し抜く。
CR00459
2. 息を吐きつつ、片方の腕をゆっくり斜め下におろしタオルを引き、腕の裏を伸ばす。この時、急に強く引っ張らないこと。上がった肩の後ろ、腕の裏が伸びたら、息を吸いつつ元に戻る。これを朝晩、左右10セット繰り返す。

 

胸から首、肩に続く筋肉をストレッチ、縮こまった猫背に効く「胸張り」
CR00481
1. タオルをカラダの後ろに回し、手のひらを上にしてタオルを両手で持つ。両手の間隔は肩幅程度に絞り、膝を少し曲げる。
CR00484
2. 少しずつ息を吐きながら膝を伸ばし、肩甲骨を背骨に寄せるように胸を張り、同時にゆっくりとできるだけ腕を上げる。朝晩10回ずつ。

 

以上の3つの基本ストレッチを朝晩10回繰り返すことで、上半身がすっきり伸ばせます。そのほか、四十肩や肩の痛みを癒すストレッチなどは本誌でチェックを。

構成:浦本真梨子

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE