暮らしに役立つ、知恵がある。

 

【ながらケア編】体のプロも認める予防&改善グッズ。

せっかくの健康器具も、使い方が悪かったり自分に合わないと宝の持ち腐れに。
セラピストに聞いた正しい選び方&使い方と、気になる良品を紹介。

撮影・黒川ひろみ イラストレーション・STOMACHACHE 構成&文・板倉みきこ

健康器具は、種類豊富で取り入れやすいのが魅力。でも間違った使い方をして、かえって症状を悪化させている人も多い、と整体師の樋川由紀さん。

「痛みやコリがある箇所は、悪い姿勢や体の使い方の間違いなどで筋肉が酷使され、筋繊維が炎症を起こして固まった状態。そこを直接グイグイ押してもほぐれず、さらに痛みを我慢して刺激し続ければ、症状を悪化させる可能性が高いです。また筋肉は全身繋がっているので、同じ箇所を長時間刺激するのも間違い。肩こりなら、腕の付け根や鎖骨周辺、首の後ろや側面など、満遍なく刺激したほうが効果が出ます」

そこで今回は、樋川さんが挙げてくれたセルフケアに必須のキーワード「ながらケア。」に合わせ、人気商品&話題商品から編集部が厳選。自分の症状や生活スタイルに合う逸品を見つけてほしい。

〈健康器具のこんな使い方に注意〉

■ 力でグイグイ押す
■ 同じ箇所を長時間刺激
■ 痛いのに我慢して続ける

【ながらケア。】

「セルフケアを習慣化できないという人におすすめなのが、生活の流れの中に取り入れやすい〝ながらケア〟です。同じケアを続ければ、自分の日々の体の変化にも気付きやすくなり、状態の悪化を防げるようになるでしょう」

座り姿勢を整え、腰痛を予防する。

約横39×奥行34×高さ17.5cm 9,800円(ドリーム)
約横39×奥行34×高さ17.5cm 9,800円(ドリーム)

●&MEDICALKURASEAT(アンドメディカル クラ シート)

騎手の美姿勢を保つ"鞍"をヒントに開発。特殊な曲線構造がお尻を前後から包み込み、自然と骨盤の立った美しい座り姿勢をサポート。椅子の上に置いて使うだけでなく、姿勢が悪くなりがちな"床座り"にも活躍。

収納しやすいストレッチボード。

3,000円(京阪紙工 <a href="https://keihan-shikou.com">https://keihan-shikou.com</a>)外箱(縦・横29.5cm、奥行9.5㎝cm)にボードを収納。
3,000円(京阪紙工 https://keihan-shikou.com)外箱(縦・横29.5cm、奥行9.5㎝cm)にボードを収納。

●脚軽〜ル

足裏やふくらはぎを伸ばしたり、姿勢改善に効果があると人気のストレッチボード。こちらは国産の強化ダンボール製の組み立て式で、専用の収納箱付き。いつでも手軽にストレッチできる。負荷の角度は15、25度の2種類。

全身ケアができる 画期的ドライヤー。

3万1900円(ルーヴルドー <a href="https://www.louvredo.com">https://www.louvredo.com</a>)
3万1900円(ルーヴルドー https://www.louvredo.com

●復元ドライヤー®Pro

適度な熱に加え、マイナス電子や遠赤外線を帯びた風を当てることで、髪のケアだけでなく、頭皮や首、肩、腰、脚など全身のケアも叶うドライヤー。髪のブロー用、全身用、頭皮ケア用のアタッチメント付き。

スクワットができ、体幹も整う万能椅子。

座面幅・奥行約30cm、脚部幅・奥行約40cm。1万6500円(ミズノ TEL.0120・320・799) 前後左右に動かしやすい半円形の底面。骨盤運動にも効果的。
座面幅・奥行約30cm、脚部幅・奥行約40cm。1万6500円(ミズノ TEL.0120・320・799) 前後左右に動かしやすい半円形の底面。骨盤運動にも効果的。

●ル・プリエスクワット バルン

座ってゆっくり上下するだけで良いフォームのスクワットができる椅子。さらに土台の底面が半円形なので常にゆらゆら動き、バランスを取ろうとして体幹も鍛えられる。

バランスボールが使いやすく進化。

エア注入時の直径約50×高さ12cm 1万4080円(アメプラ)
エア注入時の直径約50×高さ12cm 1万4080円(アメプラ)

●gymterior(ジムテリア) シェイプディスク

インテリアに馴染むデザインの高反発バランスディスクは、まるでコンパクトなバランスボール。座るだけで背骨が整い、腹筋にも効果的。揺れるディスクの上に片足立ちしたりと、使い方は自由自在。

履いて歩くだけで効果的な筋トレに。

2サイズ 5,900円(ドリーム)
2サイズ 5,900円(ドリーム)

●&MEDICALKAMOLEG(アンドメディカル カモレグ)

靴底のつま先やかかと部分をカーブさせたルームシューズ。不安定な靴を履いて歩くだけで、足底筋やふくらはぎのヒラメ筋、太ももの内転筋をトレーニングできる。内側には土踏まずのサポート部分があり、足裏のストレッチにも。

  • 樋川由紀 さん (ひかわ・ゆき)

    整体師

    「せぼねじれ調整院リキュア」顧問。施術に加え、個人の症状や生活に合わせた、実践しやすいセルフケアメニューも考案してくれる。

『クロワッサン』1086号より

  1. HOME
  2. からだ
  3. 【ながらケア編】体のプロも認める予防&改善グッズ。

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載