暮らしに役立つ、知恵がある。

 

【温める編】体のプロも認める予防&改善グッズ。

せっかくの健康器具も、使い方が悪かったり自分に合わないと宝の持ち腐れに。
セラピストに聞いた正しい選び方&使い方と、気になる良品を紹介。

撮影・黒川ひろみ 構成&文・板倉みきこ

健康器具は、種類豊富で取り入れやすいのが魅力。でも間違った使い方をして、かえって症状を悪化させている人も多い、と整体師の樋川由紀さん。

「痛みやコリがある箇所は、悪い姿勢や体の使い方の間違いなどで筋肉が酷使され、筋繊維が炎症を起こして固まった状態。そこを直接グイグイ押してもほぐれず、さらに痛みを我慢して刺激し続ければ、症状を悪化させる可能性が高いです。また筋肉は全身繋がっているので、同じ箇所を長時間刺激するのも間違い。肩こりなら、腕の付け根や鎖骨周辺、首の後ろや側面など、満遍なく刺激したほうが効果が出ます」

そこで今回は、樋川さんが挙げてくれたセルフケアに必須のキーワード「温める」に合わせ、人気商品&話題商品から編集部が厳選。自分の症状や生活スタイルに合う逸品を見つけてほしい。

〈健康器具のこんな使い方に注意〉

◼ 力でグイグイ押す
◼ 同じ箇所を長時間刺激
◼ 痛いのに我慢して続ける

【温める。】

「セルフケアで最も安心な方法は不調部位を温めること。コリや痛みがある箇所は、大概血流が滞っています。温めて血流を改善させれば固まった筋繊維がほぐれやすくなり、コリだけでなく冷えも改善するでしょう」

デジタル式だから、いつでもお灸が実現。

充電ケース、粘着シール付属。9,900円(アテックス <a href="https://www.atex-net.co.jp">https://www.atex-net.co.jp</a>)
充電ケース、粘着シール付属。9,900円(アテックス https://www.atex-net.co.jp

●ルルドボーテ フェムオンテック 温灸

充電式のデジタル温灸。温灸本体1個が直径約4.6cmで厚さは2.2cm。専用シールを使って気になる部位に貼るだけなので、背面など一人ではお灸しにくかった場所にも楽々。

足首付近を温めると、婦人科系ケアも叶う。

各4,950円(ピュビケア <a href="https://pubicare.shop/">https://pubicare.shop/</a>)
各4,950円(ピュビケア https://pubicare.shop/

●かかとソックス(単色)

デリケートゾーン専門美容サロンが手がけた、遠赤外線セラミックス素材を使ったソックス。婦人科系を司るツボが集中している足首まわりを温めれば、冷え対策のほか、婦人科系トラブルの予防にも期待できる。

腰まわりをしっかり包み込む温熱シート。

5枚入495円*希望小売価格(小林製薬 TEL.0120・5884・35)
5枚入495円*希望小売価格(小林製薬 TEL.0120・5884・35)

●血流改善 腰ホットン

腰痛、神経痛対策に特化させた温熱シート。幅26cm、高さ9.5cmと、腰を包み込んで温められるワイドサイズ。痛みの緩和に適した温度(40度以上)が約16時間続く。衣類に貼るタイプ。一般医療機器。

  • 樋川由紀 さん (ひかわ・ゆき)

    整体師

    「せぼねじれ調整院リキュア」顧問。施術に加え、個人の症状や生活に合わせた、実践しやすいセルフケアメニューも考案してくれる。

『クロワッサン』1086号より

  1. HOME
  2. からだ
  3. 【温める編】体のプロも認める予防&改善グッズ。

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載