からだ

どう染める? むしろ染めない? 白髪対策を考えたい人のための3つの記事。

日々増える白髪は悩みの種。美しく染めるか、ぼかすか、逆に白髪を魅力的に見せるのか。専門家たちのアドバイスとは?
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. その白髪、染めるか、隠すか、それとも…? 髪色問題を、積極的に楽しむ。

カラーシャンプー、カラートリートメント、ヘアマニキュア、そしてホームカラー。セルフカラーのバリエーションとメリット、デメリットを花王ヘアケア研究所所属の美容師で毛髪診断士の鈴木美登利さんに聞きました。未来に期待したくなる最先端白髪研究も。

 ⇒詳細はこちらから

2. 山本浩未さんがすすめる、潤いとハリ・コシがアップする、植物成分100%ヘナカラー。

全体の7〜8割が白髪というヘアメイクアップアーティストの山本浩未さんは、10年以上前から白髪染はヘナひと筋。使うほど髪が強く健康になるトリートメント効果が魅力なのだそう。どんな髪色にできるのでしょうか?

⇒詳細はこちらから

3.白髪を生かすハイライトで、義務染めを卒業。

最後はカラーリストの岩上晴美さんが提案する白髪対策。グレイヘアより簡単で、白髪を隠さずに生かす「大人の地毛ハイライト」とは? 

⇒詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。