からだ

セックスにまつわる不調や不快感、実はGSMが原因かもしれません。

プライベートなことなので話題にしにくく、誰にも相談できず蓋をしがちなセックスの問題。
最新医学の観点から悩みを解消していきます。泌尿器科医の関口由紀さんに話を聞きました。
  • イラストレーション・村田善子 構成&文・板倉みきこ

50代以上の女性の2人に1人が悩んでいるとされるGSM。

2014年、国際的な学会で女性の生殖器や外陰に関する悩みに「GSM」(閉経関連尿路生殖器症候群)という病名がつけられ、治療対象だと明確にされた。

女性ホルモンの減少が原因の、腟と外陰の乾燥や萎縮で起こる不快な症状すべてを包括。主な症状は、腟や外陰の不快感、尿のトラブル、セックスのトラブルに分けられる(下記参照)。

実は、50代以降の女性の2人に1人が苦しんでいるとされるが、まだまだ認知は進んでいないのが現状だ。

「治療すれば、改善される可能性が高い疾患ですが、自分が発症していることを知らないまま過ごしている人も多く、かなり症状が進行してから病院に来るパターンも増えています。また、日本の夫婦は2組に1組がセックスレスといわれますが、閉経後は、腟を使わないことで起こる機能低下でもGSMは進行します」

GSMの発症時期や進行の早さには大きな個人差があり、予防とケアがとても重要な病態。そこで、関口さんの診察ポイントを押さえた、セルフチェックと問診票でGSMの可能性を探ってほしい。尿トラブルは骨盤底障害の可能性もあるので、どちらに該当するかも考えてみよう。

[ GSMがもたらす症状 ]

●腟や外陰の不快感
(ムズムズ、かゆみ、痛みなど)

●尿のトラブル
(再発性膀胱炎、尿失禁、頻尿など)

●セックスのトラブル
(性交痛、出血など)

[ GSMと骨盤底障害の関係 ]

尿もれや頻尿は骨盤底障害の可能性も。主に筋肉や靭帯の問題なのが骨盤底障害、粘膜・皮膚と皮下組織の問題がGSM。骨盤底障害も治療対象となる。

見て、触って分かる[ GSMセルフチェック ]

□ 尿道口が、丸くなっていないか
□ 腟前庭が乾燥していないか
□ 小陰唇が乾燥し、以前より小さくなっていないか
□ クリトリスが剥けなくなっていないか
□ クリトリスの大きさは正常か
□ 腟口付近を触ったとき痛みがないか
□ 腟口付近が乾燥していないか
□ 腟から膀胱や子宮、直腸が飛び出してきていないか(骨盤臓器脱の疑い)
□ 腟の中に指を入れたとき出っ張りに触れないか(骨盤臓器下垂の疑い)
□ 腟の中に入れた指がすぐ子宮口に当たらないか(骨盤臓器下垂の疑い)

見るだけでなく、清潔にした指で優しく触ったり、腟の中に指を入れて触って確認しよう。正常なフェムゾーンはしっとりふっくらしているが、加齢で乾燥、萎縮する。外陰部が薄くなり、小陰唇は肛門側からなくなっていく。そのほか、穴が縦に閉まっていた尿道口が丸くなってきたり、小指か人差し指の先ぐらいだったクリトリスが小さくなっているなら、GSMの可能性が考えられる。上記の下3項目は骨盤底障害のチェックになる。

日々のケアが何より大事。医療機関も積極的に頼ろう。

GSMの予防や症状を悪化させないために、日々の徹底的な保湿と骨盤トレーニングが大切。

「顔同様、丁寧にケアし、肛門と腟、尿道を締めて持ち上げられるか、骨盤底の機能も日々確認しましょう。軽いマッサージで血行を改善したり、暴飲暴食を避け、質の良い睡眠を心がけるなど、美肌のためにいいことはGSMの症状の改善や予防にも有効。セルフケアを続ければ、腟と外陰の痛みやかゆみ、尿もれが改善したり、性機能も回復させられます」

セルフケアを続けても症状が改善しなかったり、下記の問診票で点数が高い人は医療機関を頼ってほしい。

「何もしないと確実にフェムゾーンは劣化し、症状は悪化します。病院で現状を把握し、これ以上悪化させないための治療を受けてください。全身への女性ホルモン補充療法、腟・外陰への女性ホルモン補充療法、男性ホルモン補充療法、レーザー照射など、様々な治療法があります」

症状が改善すると、そのほかの不調まで良化することもある。

「不定愁訴は精神的な問題と思われがちですが、女性ホルモンの減少は精神にも大きな影響を及ぼします。GSMによる不調が改善すると、同時に不定愁訴も改善されやすいため、GSMのケアは、50代以降の女性のQOL向上に役立つはずです」

[ 関口式GSM問診票 ]

各項目の点数を足した合計点が、GSMの症状の目安に。体調管理のためにも活用してほしい。

【膣萎縮】

外陰・腟に違和感がある(かゆい、痛い、ムズムズ、ヒリヒリする)
ほとんどない(1点) ややある(2点) かなりある(3点) 常にある(4点)

外陰・腟に炎症がある(赤くなっている、ただれている)
ほとんどない(1点) ややある(2点) かなりある(3点) 常にある(4点)

外陰・腟が乾燥していると感じる
ない(1点) 少しする(2点) ときどきする(3点) 常にする(4点)

外陰・腟から不快な臭いがする
ない(1点) 週1以下(2点) 週2回〜数回(3点) 常にある(4点)

【尿もれ】

尿もれの頻度
ほとんどない(1点) ややある(2点) かなりある(3点) 常にある(4点)

尿もれの量
ない(1点) パッドは必要ない(2点) パッドが必要(3点) 大きなパッドが必要(4点)

咳やくしゃみで尿が漏れる
ほとんどない(1点) ややある(2点) かなりある(3点) 常にある(4点)

尿の回数が多い(自分の印象で可)
ほとんどない(1点) ややある(2点) かなりある(3点) 常にある(4点)

急に強い尿意を感じることがある
ほとんどない(1点) ややある(2点) かなりある(3点) 常にある(4点)

膀胱炎をくり返している
ほとんどない(1点) ややある(2点) かなりある(3点) 常にある(4点)

【性交痛】
※「性交」とは腟性交だけでなく、愛撫、前戯、マスターベーションなども含む。 
※「性交」していない人は、ほとんどないに○をつけて計算する。

性交時に不快感がある
ほとんどない(1点) ややある(2点) かなりある(3点) 常にある(4点)

性交時にうるおい不足がある
ほとんどない(1点) ややある(2点) かなりある(3点) 常にある(4点)

性交時に痛みがある
ほとんどない(1点) ややある(2点) かなりある(3点) 常にある(4点)

性交時に出血する
ほとんどない(1点) ややある(2点) かなりある(3点) 常にある(4点)

性交痛のためセックスする気がしない
ほとんどない(1点) ややある(2点) かなりある(3点) 常にある(4点)

——-

●20点未満
今のところ安心。だけどGSMになる可能性がないわけではないので、日々のケアを始めて。

●20〜40点未満
中等度以上のGSMの可能性が。3カ月以上セルフケアをしても症状が改善しない場合は、医療機関を受診しましょう。

●40点以上
重度のGSMの可能性があります。放置せず、急いで医療機関で受診をしてください。

関口由紀

関口由紀 さん (せきぐち・ゆき)

泌尿器科医

「女性医療クリニックLUNAグループ」理事長。近著は『悩みをなくす腟ケアの手引き セ
ックスにさよならは言わないで』(径書房)。

『クロワッサン』1070号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。