からだ

オンの日メイクは、ファンデーションとアイメイクでマスクから出る上部にきちんと感を。

ベースメイクを肌の手入れの延長とした、丁寧で仕上がりに差がつくテクニックを紹介。
  • 撮影・天日恵美子 スタイリング・佐野友美 ヘア&メイク・長井かおり モデル・樹神 文・菅野綾子

1

UVケアのあと、凹凸を埋めるタイプの下地で肌をフラットに整える。
額、両頬、顎の4点に大きな面で置き、くるくると円を描くように顔全体に行き渡らせる。

(使用コスメ)

クレ・ド・ポー ボーテ ヴォワールマティフィアンリサン SPF25 PA++ 40g 7,150円(クレ・ド・ポー ボーテ TEL.0120・86・1982)

2

毛穴が気になる部分は、たるんだ皮膚を指で引き上げ、丁寧に入れ込んでいく。

3

ファンデーションは液状のものを、左右の目の下にたっぷりと置いてから、スポンジを使い顔全体に叩くように入れ込んでいく。

(使用コスメ)

カプチュール トータル セル ENGY スーパー セラム ファンデーション SPF20 PA++ 全6色 1万1000円(パルファン・クリスチャン・ディオール)

4

崩れないよう、フェイスパウダーで優しく押さえる。小鼻やまぶた、目尻などの細部はスポンジを2つに折って圧力をかけるとヨレにくくなる。

(使用コスメ)

B.A フィニッシングパウダー 16g 1万450円(別売りケース2,750円)(ポーラお客さま相談室)

5

目元は優しい印象に仕上がるブラウンで統一。アイシャドウを指でアイホール全体にのばす。

(使用コスメ)

ここでは右の茶色を、7では左の色を使用。Amplitude コンスピキュアス ダブルアイズ 13 6,600円(アンプリチュード TEL.0120・781・811)

6

マスクから出ている顔の上部に血色を与えるため、目元に赤味を。9で使うチークの色を、アイホールにのせたブラウンよりもオーバー気味にのせる。眉下ギリギリまでチークブラシで払うようにのせていくのが自然に仕上がるコツ。

7

5で使ったアイシャドウをチップに取り、目の下に目尻から1/3くらいまでの位置にのせる。同系色のブラウンのアイライナーは目を開いて指で目尻を引き上げながら、黒目の外側から目尻の延長線上8mmくらいまで引く。

(使用コスメ)

デジャヴュ ラスティンファインE ショート筆リキッド ミディアムブラウン 1,430円(イミュ TEL.0120・371367)

8

眉はパウダーで自然に。右のグレーをチップに取り、毛の少ない部分を埋め、左のオレンジベージュを眉全体にブラシでふんわりのせる。

(使用コスメ)

オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルスキャンブロウ 3,850円(ヤーマン)

9

チークはマスクの装着を想定して、普段よりもやや上の位置に入れる。ブラシで払うより、押すようにのせていくと密着度が高まる。

(使用コスメ)

コスメデコルテ パウダー ブラッシュ 402 5,500円(コスメデコルテ)

10

リップは快適な質感重視で滑りのいいものをチョイス。まずは中央部分にのせ、上下の唇を擦り合わせるように全体にのばしたら、リップの先端でアウトラインを整える。その後、ティッシュオフするとマスクに付きにくい。

(使用コスメ)

コスメデコルテ ルージュ デコルテ 40 3,850円(コスメデコルテ) 肌馴染みのいいモーブピンク。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。