からだ

股関節と膝を曲げるランジで体幹を強化。

「体幹」の名のとおり、腹筋やそのさらに内側にある筋肉は、内臓や背骨を支えていて、
姿勢を安定させるために大切な働きをしています。体幹を衰えさせないことが不可欠です。
体幹強化のエクササイズを鍼灸師であり指圧師の石垣英俊さんに教わります。
  • 撮影/岩本慶三 文/石飛カノ モデル/北川リサ スタイリング/高島聖子 ヘアメイク/村田真弓

下半身と体幹を同時に刺激。

脚を前後に開いて股関節と膝を曲げるランジ。主に下半身を強化するエクササイズとして知られているが、同時に体幹の強化にも有効。体重を移動させ、片脚でバランスをとるという動きによって、太もも、お尻、体幹の筋肉を一挙に鍛えることができるのだ。

歩く、走る、階段を上り下りするという動作に共通する動きなので、日常動作が楽になるというメリットもあり。

ランジで体幹強化

左足を大きく一歩前に出して立つ。左右のつま先は正面に向ける。背すじはまっすぐに伸ばして胸を張った姿勢からスタート。
 ↓

左脚の膝を直角になるまで曲げて、右足のかかかとを床から浮かせる。左右の手を左膝の上に乗せる。上体が前のめりになりすぎないよう注意。

【正面】正面から見たときに膝の向きはまっすぐ前。
 ↓

右脚の膝を曲げて床ぎりぎりまで近づけて、体重を左足に乗せる。背すじはまっすぐ。3〜5秒キープ。逆脚でも行う。

NG

膝が内側に入ってしまう悪い例。

石垣英俊

教えてくれたのは

石垣英俊 さん (いしがき・ひでとし)

鍼師、灸師、あん摩マッサージ指圧師

静岡県出身。臨床家の父親に鍼灸治療を師事。体の痛みや不調に悩んでいる人へ、よりよい施術、環境、アドバイスを提供すべく研鑽を積んでいる。神楽坂ホリスティック・クーラ(R)代表。著書多数。

『Dr.クロワッサン 痛みとコリをすっと消す、自分でできる整体』(2020年4月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。