からだ

大胆な二の腕の露出は避けて。大人の痩せ見えコーディネイト術。

体形をカバーしたつもりで逆効果になっているNG例が、手持ちの服や小物をうまく組み合わせた〝痩せ見え〟コーディネートに変貌!
服飾戦略スタイリストの窪田千紘さんがアドバイスします。
  • 撮影・天日恵美子 スタイリング・窪田千紘、榎木直子(共にフォトスタイリングジャパン) ヘア&メイク・三輪昌子 モデル・窪田千紘、原田容子、榎木直子、吉田千恵子(以上フォトスタイリングジャパン) 文・菅野綾子

× 二の腕を出すとフォルムが丸くなる。

 ↓

◯ 気になる二の腕、おなかまわりはゆったりトップスで隠す。

チュニック5,390円(Elura TEL.0120・601・162) フリンジ使いラップ風ニットスカート6,990円(BELLE MAISON TEL.0120・11・1000) ほかスタイリスト私物

【Point1】フワッとおなかまわりを隠しつつ、部分的にインしてメリハリを。
【Point2】ゆったりした袖で腕をカバー。

年齢を重ねると、どんなに細い人でも肩から二の腕にかけてのラインに丸みが出てきたり、肌表面のたるみも目立ってくる。大胆な露出は避けるべき。

「ゆったりトップスは、たるんだ二の腕やぽっこりおなかなど、大人の悩みをカバーしてくれる優れもの。ボリュームがあるぶん、ボトムスはペンシルスカートを選び、部分的にトップスをインすると美しい縦長体形に。体の線を隠したいからといって、ギャザースカートやワイドパンツを合わせると、逆に着膨れしてしまいます」

窪田千紘

窪田千紘 さん (くぼた・ちひろ)

スタイリスト

ブログ「TOKYO REAL CLOTHES 大人世代リアルクローズ」が好評。近著は『大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦』(講談社)。

『クロワッサン』1049号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。