からだ
くらし

体の中から抗酸化力アップ! ビーツを使った和風ハンバーグとさつま汁のレシピ。

体の中から抗酸化力を高めたければ、なんといってもビーツに注目。家庭の定番料理にもアレンジ自在、活用レシピを紹介します。
  • 撮影・津留崎徹花 文・板倉みきこ

さつま汁

出汁なしでも旨味しっかり、濃厚で具だくさんの鹿児島の郷土料理。

【材料(2~3人分)】
ビーツ50g
大根50g
鶏もも肉100g
さつまいも50g
ごぼう30g
長ねぎ1/4本
しょうが1かけ
水4カップ みそ30~40g

【作り方】
1.鶏肉は一口大に切る。さつまいもは1cm厚さのいちょう切り、ビーツと大根は5mm厚さのいちょう切り、ごぼうはささがきにする。
2.鍋に水、鶏肉、ビーツ、大根、さつまいも、ごぼうを入れて火にかけ、15分ほど中火で煮る。
3.2にみそを溶き入れ、すりおろしたしょうがを加えて2分ほど煮て火を止める。椀によそい、小口切りした長ねぎをあしらう。

和風 ハンバーグ

ビーツと玉ねぎをたっぷり入れて、定番家庭料理をヘルシーに。

【材料(2個分)】
合いびき肉200g
ビーツ50g(みじん切り)
玉ねぎ1/4個(みじん切り)
塩小さじ1/2
胡椒少々
油大さじ2
酢醤油[酢、醤油各大さじ1 みりん小さじ1]
大根おろし大さじ2
大葉4枚

【作り方】
1.ボウルに合いびき肉、塩、胡椒、水大さじ2を入れてよく練る。
2.フライパンに油大さじ1、玉ねぎ、ビーツを入れて全体がしんなりするまで弱めの中火で炒める。粗熱が取れたら1に加えてよく混ぜ、2等分する。
3.フライパンに残りの油を熱し、2を両面中火で蒸し焼きする。器に大葉を敷き、焼いたハンバーグを盛り付け、大根おろしをのせて酢醤油をかける。

ビーツのうれしい健康効果

■ベタシアニン(ポリフェノール)
 ー 抗酸化、アンチエイジング

■カリウム
 ー 高血圧予防、むくみ解消

■鉄
 ー 貧血改善、疲労解消

■硝酸イオン
 ー 血流改善、冷え性予防

■天然のオリゴ糖
 ー  腸内環境の改善、コレステロールの抑制

■そのほかにもいろいろ(ビタミン、食物繊維豊富)

その栄養価の高さから“奇跡の野菜” “食べる血液”などと称されるビーツ。最近ではスーパーでも見かけるようになったが、調理法はボルシチくらいしか浮かばず、なかなか日々の食卓に応用しづらい印象も。

「ロシア料理のイメージが強い野菜ですが、私はこれまで、ヨーロッパや中東、インド、メキシコなど、世界中で家庭的なおいしいビーツ料理に出合いました。茹でてサラダに、煮込み料理やジャムなど、レパートリーは豊富。ビーツ料理を研究して食べ続けていたら、血流がよくなったり、体が軽くなるのを感じたほどです」(料理研究家・荻野恭子さん)

ビーツの最大の特徴は鮮やかな深紅色。

「この色が抗酸化作用の強さの証し。ただ、日々の食事には色が気になるかしら、とも思いましたが、作ってみたら問題なし。肉じゃがやカレーなど、毎日のお惣菜に使ってもいけますし、加熱することでオリゴ糖の甘みが出て、料理の味に丸みやコクがプラスされます」

オリゴ糖は腸内環境の改善を期待できる栄養成分。砂糖やみりんなどの調味料を少なくしても味が決まるので、かえってヘルシーというわけだ。とはいえ、ビーツ独特の土っぽい味わいを敬遠してしまう人も多いはず。

「日々おいしく、手軽に食べられるよう考案したのが、ビーツの甘酢漬けです。加熱でコクや甘みが増し、土っぽさが抜けて扱いやすくなります」

最近は値段も手ごろになってきたし、日本の食卓にも合うレシピもいろいろ。ビーツの健康効果を実感してほしい。

カブや大根と似ているが、ほうれん草と同じヒユ科に属するビーツ。6〜7月と11〜12月に旬を迎える。
「色艶がよく、皮が薄いものがおすすめです」(荻野さん)。たわしなどで皮をよく洗ってから使おう。
荻野恭子

荻野恭子 さん (おぎの・きょうこ)

料理研究家、栄養士

これまで世界65カ国以上を訪れて現地の家庭料理を習い、食文化を研究。『ビーツ、私のふだん料理』(扶桑社)ほか、著書多数。

『クロワッサン』1047号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。