からだ

疲れているのに眠れない。快眠を得る方法は?

お悩み解消ストレッチを、スポーツ&サイエンス代表の坂詰真二さんに教わります。
  • 撮影・黒川ひろみ ヘアメイク・武田尚子(MÉLANGE) スタイリング・春原久子 文・石飛カノ イラストレーション・川野郁代 モデル・くらさわかずえ

寝つきが悪く、朝起きたときも疲れがとれない。快眠を得る方法は?

ストレスフルな仕事を終え、帰宅後はシャワーを浴びてベッドに直行。でも全然眠れない。カラダは疲れているはずなのに。

その理由は、カラダが日中のモードのままで、さまざまな筋肉が緊張しているから。

ストレスが多く、緊張状態にあると、呼吸が浅くなるとともに、とくに肩まわりの筋肉が緊張して、力が抜けなくなります。

眠る前には、深い腹式呼吸とともに肩の筋肉を動かしてほぐし、副交感神経モードにシフトを。

【解決】

深い呼吸とともに緊張しっぱなしの肩の筋肉をほぐし、リラックスを。

【やってみよう!】目を閉じてゆっくり呼吸。

床またはベッドに仰向けになり、下腹部に両手を置く。肩をすくめながら鼻で息を吸い、肩を落としながら口から息を吐く。1分間。

【Point】肩の動きと呼吸をセットで。

(A)両脚は楽な位置で膝を立てる。

(B)息を吸うときは鼻からゆっくりと。

(C)両手は下腹部の上で組む。

(D)息を吸いながら左右の肩を上げる。

(A)息を吐くときは口から細く長く。

(B)息を吐きながら肩を下げる。

坂詰真二

監修

坂詰真二 さん (さかづめ・しんじ)

スポーツ&サイエンス代表

1966年生まれ。横浜市立大学文理学部卒。アスリートへの指導のほか、各年代に応じた筋トレやストレッチなどをさまざまな媒体で紹介。

『Dr.クロワッサン 何歳からでもカラダはやわらかくなる!』(2019年1月5日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。