からだ

ストレッチでむくみ体質を改善したい。

お悩み解消ストレッチを、スポーツ&サイエンス代表の坂詰真二さんに教わります。
  • 撮影・黒川ひろみ ヘアメイク・武田尚子(MÉLANGE) スタイリング・春原久子 文・石飛カノ イラストレーション・川野郁代 モデル・くらさわかずえ

夕方になると脚がパンパン。 むくみ体質を改善するには?

むくみは血液の流れが悪くなり、血管の中の水分がしみだして、周囲にたまってしまうことで引き起こされます。

とくに、心臓から遠い位置にあり、立っているときは重力によって水分がたまりがちなのが、ふくらはぎ。むくみによって脚が太く見えたり、だるさを感じるだけではなく、放置すると血管がコブのように腫れる静脈瘤(りゅう)ができることも。

動的ストレッチでこまめにふくらはぎの筋肉を刺激し、余分な水分を取り除きましょう。

【解決】

ふくらはぎの筋肉を動的ストレッチでのび縮みさせて、水分を排出。

【やってみよう!】リズミカルにその場足踏み。

両足を揃えてまっすぐに立つ。両手は腰に。つま先を床につけたまま、左右交互に大きくかかとを引き上げる。1分間繰り返し。

【Point】正しい姿勢でかかとを上げて。

(A)目線はまっすぐ前に向ける。

(B)背すじをまっすぐピンとのばす。

(C)両手は腰に。骨盤を立てた状態で。

(A)首を倒さずに目線はまっすぐ。

(B)背すじは一直線をキープ。

(C)つま先は床につけたまま、かかとを高く引き上げる。

(A)目線はぶらさず常に正面。

(B)1分間、背すじは一直線のまま。

(C)反対側の足のかかとを引き上げる。

坂詰真二

監修

坂詰真二 さん (さかづめ・しんじ)

スポーツ&サイエンス代表

1966年生まれ。横浜市立大学文理学部卒。アスリートへの指導のほか、各年代に応じた筋トレやストレッチなどをさまざまな媒体で紹介。

『Dr.クロワッサン 何歳からでもカラダはやわらかくなる!』(2019年1月5日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。