からだ

腰痛を和らげ、予防するストレッチが知りたい。

お悩み解消ストレッチを、スポーツ&サイエンス代表の坂詰真二さんに教わります。
  • 撮影・黒川ひろみ ヘアメイク・武田尚子(MÉLANGE) スタイリング・春原久子 文・石飛カノ イラストレーション・川野郁代 モデル・くらさわかずえ

腰の部分にコリや張りを感じる。 痛みはないので気にしなくてもいい?

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、女性の体の悩みの第1位が肩こり、それに次ぐのが腰痛です。

普段の生活で腰に負担がかかり、腰痛が起きやすい理由は簡単。上半身の上半分は壁に相当する肋骨に囲まれているので頑丈ですが、腰回りには骨がないため構造的に弱いからです。

その弱い構造を補うのが、背骨と骨盤をつなぐ腰回りの筋肉。ストレッチでほぐして腰痛を和らげ、予防しましょう。

【解決】

背骨と骨盤をつなぐ腰まわりの筋肉をストレッチでやわらかく。

【やってみよう!】骨盤を真横に向けて。

床に座り、右の膝を立てて左膝の外側に足を置く。右手は膝下をつかむ。右手で膝を押しながら右のお尻を引き上げる。10秒。逆も。

【Point】顔から骨盤の向きをチェンジ。

(A)右足は左膝の外側で床につける。

(B)最初は骨盤を正面に向ける。

(C)左手はカラダの後ろで床につける。

(A)右手で膝を後ろにぐーっと押す。

(B)骨盤を真横に向け顔を左正面に。

(C)顔だけでなく、胸、お腹、骨盤、すべてを左正面に向けて10秒キープ。

坂詰真二

監修

坂詰真二 さん (さかづめ・しんじ)

スポーツ&サイエンス代表

1966年生まれ。横浜市立大学文理学部卒。アスリートへの指導のほか、各年代に応じた筋トレやストレッチなどをさまざまな媒体で紹介。

『Dr.クロワッサン 何歳からでもカラダはやわらかくなる!』(2019年1月5日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。