からだ

しつこい首のコリに、仕事中でもできるストレッチは?

お悩み解消ストレッチを、スポーツ&サイエンス代表の坂詰真二さんに教わります。
  • 撮影・黒川ひろみ ヘアメイク・武田尚子(MÉLANGE) スタイリング・春原久子 文・石飛カノ イラストレーション・川野郁代 モデル・くらさわかずえ

しつこい首のコリに悩まされています。仕事中でもできるストレッチは?

首の重さは体重の7〜8%といわれています。体重50kgの人なら3.5〜4kg程度。この重い頭を支えているのが首の骨とそのまわりにある筋肉です。

首の後ろ側は小さくて短い筋肉が何層にも重なっているデリケートな構造。長時間のデスクワークでは、どうしても頭が前に出る姿勢をとることになるので、首の後ろの筋肉はずっと引っ張られたまま。一日が終わる頃には首にコリがたまるのは当然のこと。こまめにほぐすことが肝心です。

【解決】

首の後ろの筋肉を一日何度でもストレッチし、コリを予防。

【やってみよう!】腕の重みで、じんわりとのばす。

まっすぐに立ち、両手を頭の後ろで組む。両わきを締めて頭を前に傾けて10秒キープ。腕の重さで頭を押し下げるイメージ。

【Point】倒すのはカラダではなく首。

(A)頭の後ろに手のひらを当てて指を組む。

(B)ひじを張った姿勢で準備。

(C)両足は肩幅くらいに開いて立つ。

(A)上半身は前傾させず、まっすぐに。

(B)わきを締め、腕の重さを利用して頭を前に倒し、首の後ろがのびたところでキープ。

坂詰真二

監修

坂詰真二 さん (さかづめ・しんじ)

スポーツ&サイエンス代表

1966年生まれ。横浜市立大学文理学部卒。アスリートへの指導のほか、各年代に応じた筋トレやストレッチなどをさまざまな媒体で紹介。

『Dr.クロワッサン 何歳からでもカラダはやわらかくなる!』(2019年1月5日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。