からだ

1日の終わりに、太ももの前のストレッチ。

スポーツ&サイエンス代表の坂詰真二さんに教わるストレッチ。短時間でも毎日続けることがやわらかさの底上げに。基本のストレッチを種目ごとに紹介します。
  • 撮影・黒川ひろみ ヘアメイク・武田尚子(MÉLANGE) スタイリング・春原久子 文・石飛カノ モデル・くらさわかずえ

骨盤が後ろに傾いている人の多くは、お尻や太もも裏の筋肉が硬くなっている状態。

どちらも、体重を支えて立ったり歩いたりするときに大事な役割を果たす筋肉ですが、硬くなって機能しなくなると、そのツケは太ももの前にかかってきます。

太もも前の筋肉は、ただでさえ疲労がたまりやすい部位。一日一日その疲労を取り除くケアをすることを忘れずに。

カラダの中でもとくに大きな筋肉なので、横になり、安定した姿勢でしっかりとのばしていきます。かかとをお尻につけたまま、膝を後ろに向かってしっかり引いていくことがポイント。

太ももの前の大きな筋肉を、一日の終わりにしっかりとケア。

(A)腕を枕にして頭を乗せる。

(B)左手で左足をつかみ、かかとをお尻に。

(C)両膝を揃えて軽く曲げる。

(A)かかとをお尻につけたままで。

(B)膝を後ろに引くともも前がのびる。

NG!

「かかとがお尻から離れると、もも前がのびません!」(坂詰さん)

(椅子に座ったままで行うストレッチ)

(A)右手は椅子の座面をしっかりつかむ。

(B)椅子のコーナーをまたいで座る。

(C)膝を曲げ、左手で左足をつかむ。

(A)目線は前に向けたままで。

(B)あごは軽く引いた状態。

(C)上半身は曲げた膝と逆側に傾ける。

(D)膝を後方に引き、踵をお尻に近づける。

坂詰真二

監修

坂詰真二 さん (さかづめ・しんじ)

スポーツ&サイエンス代表

1966年生まれ。横浜市立大学文理学部卒。アスリートへの指導のほか、各年代に応じた筋トレやストレッチなどをさまざまな媒体で紹介。

『Dr.クロワッサン 何歳からでもカラダはやわらかくなる!』(2019年1月5日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。