からだ

女性に圧倒的に多い骨粗しょう症を防ぐための4つの記事。

女性ホルモンの減少により、45歳前後ぐらいから骨量の減少が始まります。高齢になってからの病気ではない、骨粗しょう症が起こる原因を学び、今から対策を始めましょう。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 骨粗しょう症が起こるわけと骨がもろくなる5つの原因。

長年骨粗しょう症の診療にあたってきた骨の専門家で医師の太田博明さんにまずは骨がもろくなる理由と対策を聞きました。過度な日焼け対策が骨を弱くしてしまうかも?

 ⇒詳細はこちらから

2. ふだんの食事と運動の工夫で、何歳からでも骨は強くなります。

続いて骨に関する怖いデータもご紹介。骨粗しょう症から大腿骨の骨折を起こしたときの5年生存率は、なんとがんよりも低いのです。
40〜50代での頑張りがカギになるという、対策方法についても太田さんに教わります。

⇒詳細はこちらから

3. 3つのセルフケアを毎日の習慣に。骨は必ず若返ります。

それでは実際にすぐ始められる対策をご紹介。激しい運動は必要なく、だれもが簡単にできるエクササイズと、食事で気をつけるべき点などをまとめました。

 ⇒詳細はこちらから

4. 骨を強くする3つの栄養素で更年期を健康に保つ。

骨にはカルシウムは大切ですが、それだけじゃ骨は丈夫になりません。カルシウムの吸収を助けるビタミンDとビタミンKをきちんと摂りましょう。骨粗しょう症治療に使われることもある身近な食材を紹介します。

⇒  詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。