からだ

低糖質ダイエットに向いている食材を知りたい人のための4つの記事。

放っておけば高血圧や脂肪肝、動脈硬化やがんにつながる内臓脂肪は、低糖質ダイエットで落としたいもの。主食や野菜、調味料などカテゴリ別に糖質の高いもの、低いものをまとめました。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 主食編

低糖質ダイエットで気になる主食。もち麦や玄米など、繊維質が豊富な雑穀類を混ぜて糖質量を調整しましょう。おすすめの食材とできれば避けたいものをまとめました。

 ⇒詳細はこちらから

2. 野菜・フルーツ編

野菜は積極的に食べて、ビタミンやミネラル、食物繊維を補給したいもの。でも何でもOKというわけではありません。意外に糖質が多いものも。果物も要注意です。

⇒詳細はこちらから

3. 飲み物・乳製品編

お酒は何を飲んだほうがベター? お茶やコーヒーは問題なし? 豆乳や牛乳は? 気になる飲み物について何が低糖質かをまとめました。

 ⇒詳細はこちらから

4. 調味料・油編

低糖質ダイエットの意外な落とし穴、調味料や油。実は糖質が多い調味料も多々。糖質を制限するときの貴重なエネルギー源となる油も、できれば良いものを選んで。

⇒  詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。