からだ
くらし

疲れない体を作る、サラダチキンで作る野菜とヨーグルトのサラダ。

疲労防止効果が高い鶏むね肉を飽きずにおいしく食べるには、シンプルなサラダチキンがおすすめ。
繰り返し作りたくなるアレンジを紹介します。
  • 撮影・千葉 充 文・韮澤恵理

コロコロチキンと野菜のヨーグルトサラダ

【材料(2人分)】
きゅうり …… 1本
ラディッシュ …… 3株
ディル(フレッシュ)…… 1~2枝分
サラダチキン …… 1/2枚
塩 …… 少々
A プレーンヨーグルト …… 大さじ1
  マヨネーズ …… 大さじ1
  にんにく(すりおろし)…… 少々

【作り方】
1.
きゅうりは乱切り、ラディッシュは4~6等分のくし形切りにし、一緒にボウルに入れて塩をふり、5分ほどおく。
2.チキンは1~2cm角に切る。
3.1の水気を捨て、2とちぎったディルを加え、よく混ぜたAであえて器に盛る。

ヨーグルト&にんにくで味も効果もアップ。

コロコロと立方体に切ったチキンは食べごたえがあり、きゅうりやラディッシュの歯ざわりとよく合います。サラダチキンの魅力の一つが、切り方で食感や見た目に変化をつけられること。同じ素材でも、チキンを裂いてきゅうりはせん切りにすると全く違うレシピに早変わりします。

免疫力を上げるヨーグルトやにんにくを組み合わせ、さっぱりとしているけれど、奥深い味わいのソースであえるのが特徴的な一品です。

野菜は季節に合わせてアレンジできるから、一年中楽しめるのも魅力。たとえば、乱切りにしたかぶやセロリ、にんじん、ミニトマトなども好相性。ヨーグルトソースにスパイスやカレーを加えると、エスニックなテイストに変わり、目先が変わるのもうれしい技です。

ディルはスーパーなどでも手に入るハーブですが、ミントなどを利用しても大丈夫。なくてももちろんOKです。

落合貴子

レシピ

落合貴子 さん (おちあい・たかこ)

栄養士、フードコーディネーター

自然食品メーカーでの栄養カウンセリング、料理研究家のアシスタントを経てフードコーディネーターに。体によい食材をおいしいレシピに仕上げる技で、テレビや雑誌を中心に活躍。

工藤孝文

監修

工藤孝文 さん (くどう・たかふみ)

内科医、漢方医

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院、地域の基幹病院を経て、福岡県みやま市の工藤内科で地域医療に携わる。著書に『やせる出汁』(アスコム)、『疲れない大百科』(ワニブックス)など多数。テレビ『ガッテン!』『ホンマでっか!? TV』などでも活躍。

『Dr.クロワッサン 免疫力を強くする、疲れない体のつくり方。』(2020年6月26日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。