からだ
くらし

栄養価が高い、サラダチキンとアボカドの重ねサラダのレシピ。

疲労防止効果が高い鶏むね肉を飽きずにおいしく食べるには、シンプルなサラダチキンがおすすめ。繰り返し作りたくなるアレンジを紹介します。
  • 撮影・千葉 充 文・韮澤恵理

チキンとアボカドの重ねサラダ

【材料(2人分)】
サラダチキン …… 1/2枚
アボカド …… 1/2個
トマト …… 小1/2個(70g)
玉ねぎ …… 1/8個(25g)
塩 …… 小さじ1/2
オリーブ油 …… 大さじ1/2
白ワインビネガー …… 大さじ1

【作り方】
1.
チキンとアボカドは5mm厚さの薄切りにする。ずらしながら交互に重ねて皿に盛る。
2.トマトは粗みじんに切り、玉ねぎはみじん切りにする。
3.ボウルに2と塩、オリーブ油、白ワインビネガーを入れて混ぜ、1のサラダにかける。

栄養価が高いトマトとアボカドで。

薄くスライスしたアボカドと繊維を断つように切ったチキンは口の中でほどけるような口当たり。アボカドとチキンを重ねて一緒に口に運びたい一品です。どちらもやわらかくて食べやすいので、厚みは好みで調整しても。ここでは薄めに切っていますが、少し厚めに切ってボリュームを出すとまた違った一皿として楽しめます。

トマトは粗みじんに切ることで存在感を残しつつもソースとして具となじむのがポイントです。玉ねぎはみじん切りにして少しおくと刺激成分がとんでマイルドになるので、辛いのが苦手な人はちょっと時間をおいてみてください。

おいしいオリーブ油とワインビネガーを使うとオードブルのようなぜいたく感が味わえます。チキンだけあらかじめゆでておけば、手間もかからず彩りもきれいなので、ホームパーティなどにおすすめです。

しっとりとした鶏のおいしさに驚かれること間違いありません。

落合貴子

レシピ

落合貴子 さん (おちあい・たかこ)

栄養士、フードコーディネーター

自然食品メーカーでの栄養カウンセリング、料理研究家のアシスタントを経てフードコーディネーターに。体によい食材をおいしいレシピに仕上げる技で、テレビや雑誌を中心に活躍。

工藤孝文

監修

工藤孝文 さん (くどう・たかふみ)

内科医、漢方医

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院、地域の基幹病院を経て、福岡県みやま市の工藤内科で地域医療に携わる。著書に『やせる出汁』(アスコム)、『疲れない大百科』(ワニブックス)など多数。テレビ『ガッテン!』『ホンマでっか!? TV』などでも活躍。

『Dr.クロワッサン 免疫力を強くする、疲れない体のつくり方。』(2020年6月26日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。