からだ
くらし
更新:

ビタミンDが豊富、干ししいたけのスパニッシュオムレツのレシピ。

骨にはカルシウムは大切ですが、それだけじゃ骨は丈夫にならない。
サポート成分もしっかり摂って!
  • 文・韮澤恵理 撮影・黒川ひろみ 料理スタイリング・渡辺孝子 イラスト・ノグチ・ユミコ

干ししいたけのスパニッシュオムレツ

[ 1人分 ] ビタミンD:5μg
\ドーンとビタミンD たっぷりのおかず/

究極のビタミンDオムレツ!卵やじゃこにも豊富に含まれる

【材料 】[2人分 ]
卵……4個
干ししいたけ……6個
赤パプリカ……40g
玉ねぎ……1/4個(50g)
パセリのみじん切り……大さじ4
ちりめんじゃこ……10g
オリーブ油……大さじ2
塩、こしょう……各少々

【作り方】
1. 干ししいたけは水でしっかりもどし、水気をきって薄切りにする。パプリカは1cm角に切り、玉ねぎはあらみじんに切る。
2. フライパンにオリーブ油大さじ1を熱してじゃこを炒め、カリッとしたら1を加えて炒め、塩、こしょうで調味し、パセリを加える。
3. ボウルに卵を割りほぐし、2を加えてよく混ぜる。
4. フライパン(直径18cmくらい)に残りのオリーブ油を熱し、3を流し入れて大きく混ぜ、半熟状になったら表面を平らにし、蓋をして弱火にし、7~8分焼いて返す。こんがりとするまでさらに3~4分焼く。

干ししいたけは水につけて重しをし、しっかりもどす。
たっぷりの干ししいたけに加え、カルシウムの多いじゃこやβ-カロテン豊富なパプリカも入って骨にいい。

干ししいたけ

ビタミンDが豊富な干ししいたけは、もどすのに時間がかかるのが難。
ぬるま湯でもどしたり、電子レンジを使う手もありますが、まとめてもどして冷蔵庫で保存しても。
水につけたまま2日くらい保存可能。

[HEALTH MEMO]

天日干しがビタミンD豊富

干ししいたけのビタミンDは、実は日に当てていないものはそれほど多くはありません。骨のために食べるなら「天日干し」と明記したものを。生のしいたけを数時間、日に当ててもいい。

検見﨑聡美

レシピ提供

検見﨑聡美 さん (けんみざきさとみ)

管理栄養士、料理研究家。

体にいい食事はおいしいことが一番という考えのもと、シンプルで毎日の暮らしに取り入れやすいレシピの提案を続けている。食事療法からおつまみまで、幅広く手がけ、著書も多数。

対馬ルリ子

監修

対馬ルリ子 さん (つしま・るりこ)

産婦人科医師、医学博士。

医療法人社団ウィミンズ・ウェルネス理事長。女性ホルモン、トータルヘルスケアの第一人者として、さまざまなメディアにひっぱりだこ。著書に『女性ホルモンで世界一幸せになれる日本女性』(マガジンハウス)など多数。

『Dr.クロワッサン 女性ホルモン力で元気に、若々しく。』(2018年4月16日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。