からだ
くらし

体を温め血流をよくする「しょうがみそ」の作り方と、2種のアレンジレシピ。

  • レシピ: 吉田瑞子(料理家) 監修:根来秀行(医師、医学博士) 撮影: 鈴木江実子 文:韮澤恵理

しょうがみそのアレンジレシピ

しょうがみそのいいところは何にでも合い、使いみちが幅広い点。
どんな料理もヘルシーで、しかも香りよく仕上がる。ご飯の友にも。

しょうが豚汁

豚肉と玉ねぎだけのシンプルさ。
ビタミンB1の吸収を助けるレシピ。

【材料】(2人分)
豚薄切り肉 80g
玉ねぎ 1/2個
ごま油 大さじ1
だし 2カップ 
「しょうがみそ」 大さじ2
七味とうがらし 少量

【作り方】
(1)
豚肉は3~4cm幅に切り、玉ねぎは薄切りにする。
(2)フライパンにごま油を熱して1を炒め、肉の色が変わったらだしを加え、玉ねぎがやわらかくなるまで煮る。
(3) 「しょうがみそ」を加えて溶き、ひと煮する。椀に盛って七味とうがらしを振る。

豚肉と玉ねぎは疲労回復の効果もある組み合わせ。

鮭のチーズみそ焼き

鮭のアスタキサンチンは抗酸化物質、チーズは発酵食。

【材料】(2人分)
生鮭 2切れ
玉ねぎ 1/4個
キャベツ 2枚(緑の濃いところ)
「しょうがみそ」 大さじ4
ピザ用チーズ 80g

【作り方】
(1)
玉ねぎは薄切り、キャベツはざく切りにする。
(2)
耐熱皿に1を敷いて鮭をのせ、「しょうがみそ」を塗ってチーズを散らす。
(3) 
オーブントースターでチーズにこんがりと焦げ目がつくまで10~12分焼く。
※途中チーズが焦げすぎそうならアルミホイルをかける。

皿に野菜を敷き、鮭をのせてしょうがみそを塗るとみそ味が野菜にまでしみる。

『Dr.クロワッサン 毛細血管を増やして、血流力をつける!」(2018年11月15日発行)より。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。