からだ
くらし
更新:

ロープを切って救出する!?『なぞとき 脱出ゲーム-Rescue Cut』│山口恵以子「アプリ蟻地獄」

  • イラストレーション・勝田 文

縛られて天井からロープで吊されている子供。ロープをカットして子供を逃がしてあげるゲームアプリ。

『なぞとき 脱出ゲーム-Rescue Cut』。指でロープをスワイプし、縛られた子どもを救出するゲームアプリ。無料。

ジャンルで言えば脱出ゲームなので、障害物が用意されている。爆弾、トゲの突き出た板、重石、ジャンピングボード、そして銃を構えたマフィアみたいな見張り役等々。

ロープを切る場所を間違えるとトゲの上に落下したり、爆発に巻き込まれたり、重石につぶされたり、見張りに撃たれたりで、子供は死んでしまう。しかし、上手い場所でロープを切れば、反対に見張りをやっつけて脱出することが出来る。

子供も見張りも撃たれたり刺されたりすると、派手にドバッと血が噴き出す。しかしまったく心が痛まないのは、思いっきりマンガチックで人間味のないキャラのお陰。見張り役は黒のスーツに髭とサングラスでマフィアっぽく決めているのに、間抜けな罠で死んでしまうのが可愛い。

ゲームを続けるうちに、以前ご紹介した『Happy Glass』を思い出した。流れる水とグラスの間に補助線を引っ張って、グラスを水で満たすゲームだ。そして補助線の引き方は、物理の法則に基づいていた。

『Rescue Cut』も物理の法則に基づいているのだろうが、キャラが間抜けなのでお勉強感がみじんもない。私のような理数系オンチの人間には大いに向いている。

それにしてもゲームのキャラは、失敗すると派手に血を流して死んでゆくのに、何度も甦ってやり直せるのだからすごいというか、羨ましい。

人生もかくありたい。トホホ。

山口恵以子(やまぐち・えいこ)●作家。最愛の母と過ごした最期の日々を綴ったエッセイ『いつでも母と』(小学館)。

『クロワッサン』1030号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。