からだ
くらし

便秘解消や温活効果も。鶏肉とごぼうと雑穀のトマト煮【松見早枝子さんの雑穀レシピ】。

ご飯に混ぜて炊く以外の使い方がわからない! そんな人にこそ試してほしい、毎日の食事でたくさん食べられる粮理家、松見早枝子さんの雑穀レシピ。
  • 撮影・徳永 彩(KiKi inc.) 文・黒澤 彩

ひえ

縄文時代から食べられてきたというひえは、マグネシウムなどミネラルが豊富で、美肌や、体を温める効果も。きび、あわなど粒の細かい雑穀はどれも同じ使い方ができる。

鶏肉とごぼうと雑穀のトマト煮

煮込み料理に雑穀を加えると、程よく汁気を吸ってとろみが付く。ひえは淡白な味わいなので薄味の料理にも合わせやすい。ごぼう、生姜との相乗効果で便秘解消や温活効果も。

【材料(2人分)】
鶏もも肉1枚
塩・こしょう各少々
ひえ大さじ2
ごぼう30cmほど
トマト1個(200g)
生姜1かけ
サラダ油大さじ1
A[水100ml、酒大さじ1]
しょうゆ大さじ1/2
イタリアンパセリ適量

【作り方】
1.ひえは目の細かいストレーナーに入れてさっと洗い、水気をきっておく。
2.ごぼうは皮をこそげるようにして洗い、長さ4cmの斜め薄切りにして5分ほど水にさらす。
3.鶏もも肉は一口大に切って塩こしょうしておく。トマトは湯むきしてくし形8等分に切ってから横半分にし、生姜は千切りにする。
4.鍋にサラダ油を熱し、水気をよくきった2のごぼうを入れて中火で少ししんなりするまで炒める。
5.
Aを加えて煮立ったら、1、3を入れて蓋をずらしてのせ、再び煮立ったら弱めの中火で3分煮る。
6.
しょうゆを加えさらに5分煮る。器に盛り付け、刻んだイタリアンパセリをのせる。

松見早枝子(まつみ・さえこ)さん●粮理家。エイジングケアによく、体や環境への負担が少ない食事法を提案。雑穀エキスパートの資格も持つ。プライベート料理教室「Tronc(トロン)」主宰。

『クロワッサン』1029号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。