からだ
くらし
更新:

ほろりと柔らかい、豚肉の角煮ナンプラー風味【川津幸子さんのレシピ】。

使い慣れた発酵調味料。丁寧に作られたものを厳選すれば、料理研究家の川津幸子さんのレシピでもっとおいしく。
  • 撮影・三東サイ 文・室田元美

豚肉の角煮ナンプラー風味

下ゆでした豚肉を、煮汁に漬けて染みこませながら、落としぶたをしてじっくり煮る。「ナンプラーがいい仕事をします」

エスニック風にごろりと豚肉を炊く。

ほろりと柔らかくゆでた肉に、ナンプラー特有の奥深いコクと香りがしっかり染みこむ。

【材料(4人分)】
豚バラ塊肉800g
にんにく2かけ
煮汁[ナンプラー・しょうゆ各大さじ3、砂糖大さじ2、酒・水各1/2カップ]
香菜適量

【作り方】
1.豚肉はたっぷりの熱湯に入れて30分ゆでる。粗熱がとれたら、3cm角に切り、つぶしたにんにくとともに煮汁に入れて火にかけ、落としぶたをして弱火で30分煮る。
2.器に盛り、刻んだ香菜をのせる。

ナンプラー

魚を発酵させたしょうゆはふくよかな旨みが特徴。

川津さんおすすめ

「ナンプラー バランス フィッシュソースゴールド」2年かけて熟成させ上澄みのみで製造。200ml 220円(アライドコーポレーション http://allied-thai.co.jp)。

川津幸子(かわつ・ゆきこ)さん●料理研究家。JAF Mateで「川津幸子さんのこれ、作ってみて!」を連載中。既刊の『100円 100品 100文字レシピ』は電子書籍でも登場。ツボを押さえた家庭料理をぜひ真似したい。

『クロワッサン』1029号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。