からだ
くらし
更新:

味がなじんだ頃がおいしい、小あじの南蛮漬け【川津幸子さんのレシピ】。

使い慣れた発酵調味料。丁寧に作られたものを厳選すれば、料理研究家の川津幸子さんのレシピでもっとおいしく。
  • 撮影・三東サイ 文・室田元美

小あじの南蛮漬け

親指と人差し指をエラの内側に入れ、内臓をつまみ出す。「小あじが安いとき、たくさん買って南蛮漬けに。数日は保存できます」

保存もできて、まるごと食べられる。

じっくり揚げた小あじを甘酸っぱい漬け汁に。少し時間を置いて、なじんだ頃がおいしい。

【材料(4人分)】
小あじ400g
玉ねぎ1/2個
きゅうり1本
小麦粉・揚げ油各適量
赤唐辛子(種を除く)1本
漬け汁[酢・しょうゆ各1/3カップ、水1/4カップ、砂糖大さじ2]

【作り方】
1.小あじは、内臓を取り、血合いをふき取っておく。
2.バットに漬け汁の材料を混ぜ合わせる。
3.玉ねぎは薄切り、きゅうりは縦半分に切って、斜め薄切りにする。
4.1のあじに小麦粉を薄くまぶし、160度の油で6分ほど揚げたら、すぐに2に漬け、上に3の野菜と、赤唐辛子をちぎって散らす。

まろやかで上品な酸味がよいお酢の条件です。

川津さんおすすめ

「京酢 加茂千鳥」米と熟成した酒粕を仕込んだ、まろやかな味と香りの酢。360ml 486円(村山造酢 http://www.chidorisu.co.jp)。

川津幸子(かわつ・ゆきこ)さん●料理研究家。JAF Mateで「川津幸子さんのこれ、作ってみて!」を連載中。既刊の『100円 100品 100文字レシピ』は電子書籍でも登場。ツボを押さえた家庭料理をぜひ真似したい。

『クロワッサン』1029号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。